club TIARA(クラブティアラ)の店舗情報

店舗名 club TIARA(クラブティアラ)
業種 セクキャバ
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/巨乳・爆乳
最安値料金 40分 5,500円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所 愛知県豊橋市豊橋市松葉町1-98-2第3サンフラッグビル1F
アクセス 豊橋駅から徒歩5分 詳細につきましてはお問合せ下さい
営業時間 20:00-LAST
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/ctiara1/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、club TIARA(クラブティアラ)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般比較的頻繁に使わせてもらっているんですが、

景気が悪いためなのか、風俗全般的に、近年、お客をゲットするという目的で、本番(基盤)させてくれる風俗嬢が当たり前になっている感じがします。

alt=

僕のイメージだと、7割くらいの確率で本番(基盤)OKという状態。

更に、ゴム蟻の他に、ナマ挿入可って風俗嬢も非常に増えてきた感じがします。これも不況の影響なのかなって感じます。。。

ナマ挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少数派。ぼく、個人としては、ここ1年くらい、ほぼ全部NSばかり。

かわいい子とお金を掛けずに本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)させてくれる

かわいい子に会いたいって思いません?

だって、仮にネットの評判で「本番(基盤)OK」って言われている風俗嬢でも、

実際のところ、一度指名してみないと、本番行為OKなのかはハッキリしていませんからね。

ってなると、風俗で本番出来る風俗嬢を、探し回るよりは、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールを主として利用しているんですが、計1〜2万円程で、町中で買い物している様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

ちょっと前にキレイ系の秘書(19才)と会ってきたんですが、

まず最初にご飯食べてからホテルに行き「」で朝までエッチ漬け。

alt=
alt=
alt=

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較してお得感ありません?

プロの嬢よりも、普通の女の子とのエッチしたほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗よりは安い

ここ数年、出会い系を利用しながら感じるのは「ほんとかわいい女の子が増えてきたなぁ〜」ってこと。

景気が悪いせいで、

「風俗で仕事したくないけど、お金はほしい」

って18〜23才程の女の子が驚くほどいるんですよ。

援交というとイメージがよくありませんが、

ご飯ごちそうしてからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お金)渡す

って彼女にすら同じようなことするわけで、いたって当然のことですよね。

それなのに、出会い系を利用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人がほとんどですが、

初めて会った時とかはお金をかけたほうがスムーズだと思います。

数回セックスして親しくなってきたら、どういうわけか「タダマン→セフレ」に変わって行くんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

今まで、セックスしてきた、女の子にきいてみると、

出会い系を使っている男って「金を支払うからナマで挿れさせろ」など、顔を合わせる直前のメールなど=やり取りのときから、そういったような感じの人が多いとのことです。

ですので、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてみることをお薦めします。

そうすることでいくらでも会えるんでw

「出会い系は会えない」ってネットに書き込みしている人って、初期経費を渋り過ぎなんだと思いますね。

お金掛けずにエッチできるようになるのは、最初の壁を超えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男も多いみたいです。

もちろん送ってくれる女の子であればいいんですが、写メはNGって女の子いっぱいいます。

そういったケースの時は、まずは1度会ってみた方がいいですね。

で、そんなに好みの女の子でない場合は、誠意を持って断れば良いだけですし、

断りずらい場合、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰っちゃえば、何の問題ないですよ。

もちろんぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼