回春性感スパ マリアージュの店舗情報

店舗名 回春性感スパ マリアージュ
業種 エステ
ジャンル アロマエステ/回春性感マッサージ/素人・未経験
最安値料金 60分 12,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 新栄発 詳細エリアはお問い合わせ下さい
営業時間 14:00-3:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/spmariage/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、回春性感スパ マリアージュさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

僕は風俗全般比較的何度も利用させてもらっているんですが、

景気が悪いからなのか、風俗全般的に、最近ではリピーターをとるという目的で、本番(基盤)させてくれる風俗嬢が普通になってきているように思います。

alt=

僕、個人的な印象でいえば、7割ぐらいの可能性で本番することが出来ちゃうってな感じ。

また、ゴム蟻の他に、ナマで挿入可の風俗嬢もかなり増えてきた感じがします。これも不況のあおりなんだと思います。。。

ナマで挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、案の定NNは少数派。僕、個人的には、ここ1年ぐらい、殆どNSばかり。

かわいい子とお金を掛けずにエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
絶対本番(基盤)することができる

かわいい子を見つけたいって思いませんか?

だって、どれだけインターネット上の体験談で「本番することが出来ちゃう」って噂されている風俗嬢でも、

正直なところ、一回でも入ってみないと、本番できるのかははっきりしていませんよね。

そうなってくると、風俗で本番できる風俗嬢を、探すなんかより、出会い系などを利用した方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

僕はワクワクメールをメインとして利用しているんですが、合計1〜2万円程で、町中でお茶しているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この間はロリ系の美容師(19才)と会ってきたんですが、

まず最初にカフェでお茶してからホテルで「ナマ」で朝までSEX漬け。

alt=
alt=
alt=

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗よりお得感ありません?

プロの風俗嬢よりも、普通の女性とのSEXするほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかより安い

近頃出会い系を利用しながら思うのは「もの凄くかわいい女性が増えてきたなぁ〜」的な点。

景気が悪いせいで、

「風俗で働きたくないけど、おこづかいはほしい」

って18〜23才程の女性がビックリするほど増えてきています。

援交というと印象がよくないですが、

ごはん代をおごってからSEXする
SEXして帰る時にタクシー代(=おこづかい)渡す

って彼女にも同様のことするわけで、別に当たり前ですよね。

にも関わらず、出会い系を利用している人って、タダマンを期待してお金をけちる人が多いみたいですが、

最初の頃はお金をかけた方がスムーズだと思います。

何度かセックスをして親密になって来れば、自ずと「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

今まで、セックスをしてきた、女性にきいてみると、

出会い系を利用している男の人って「お金支払うからナマでさせろ」の様に、対面する前のメールなど=やりとりの段階で、そのような様子の人だらけみたいです。

ですので、ぜひ紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげてください。

このやり方なら恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネット上に書き込んでいる人って、初期コストを出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにSEX出来るようになるのは、一番初めの壁を超えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと考えられます。

また「写メ送って」って男の人も多いと聞きます。

当然送ってくれる女性の場合はいいんですが、写メはNGって女性結構いるのです。

そういった時は、とにかく1回会ってみた方が良いですね。

で、そこまで好みの女性じゃなければ、誠意を持ってお断りすればいいだけですし、

断りにくい場合、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、何の大丈夫ですよ。

当然僕はその様にしてます。

▼▼▼