デイトナUの店舗情報

店舗名 デイトナU
業種 ヘルス
ジャンル 素人・未経験/巨乳・爆乳/OL・秘書
最安値料金 40分 7,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所 愛知県名古屋市中区新栄2-1-22
アクセス 地下鉄東山線新栄駅から徒歩2分 地下鉄東山線「新栄駅」A番出口から徒歩2分 無料送迎あり
営業時間 11:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/deitona2/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、デイトナUさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割りかし何度も利用させて貰っているのですが、

景気が良くないためなのか、風俗全般的に、最近常連を獲得することを目的に、本番(基盤)出来る風俗嬢が普通になってきているように感じます。

alt=

個人的な感じで言えば、70%くらいの確率で本番することが出来ちゃうという状態。

更に、ゴム蟻以外に、生挿入可って風俗嬢も凄く増えた感じです。これも不景気のあおりなんでしょうね。。。

生挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、さすがにNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年くらい、ほとんどNSだけ。

可愛い子とお金を掛けずにSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
絶対本番(基盤)させてくれる

可愛い子に出会いたいって思いません?

だって、どれだけインターネット上の書き込みで「本番することが出来ちゃう」って噂されている風俗嬢でも、

実のところ、一回プレイしてみないと、本番させてくれるのかは分かりませんよね。

ってなると、風俗で本番(基盤)OKの風俗嬢を、探し出すより、出会い系などを利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に使っているんですが、合計1〜2万円位で、その辺でお茶しているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この前は可愛い系の家事手伝い(20才)と会ってきたんですが、

一緒に喫茶店でお茶してからホテルで「ナマ」で朝までSEXさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗より良くありません?

すれた嬢よりも、普通の女性とのSEXしたほうが間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

ここ数年、出会い系を活用していて気づくのは「もの凄く可愛い女性が増えてきたなぁ〜」という点。

景気が良くないせいで、

「風俗では働きたくないでも、お金はほしい」

って18〜23才位の女性が驚くほどいるんですよ。

援交というと印象が良くありませんが、

ごはんおごってからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お金)出す

って恋人でも似たようなことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

それにも関わらず、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が多いのですが、

初めて会った時とかはお金を掛けたほうがスマートだと感じます。

数回会って親しくなってくれば、自然と「タダマン→セフレ」に変わっていきますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

いままで、会ってきた、女性に話をきくと、

出会い系に登録している男って「金支払うから生中で挿れさせろ」等、会う前のメッセージ=交渉から、そういったような感じの人が多いみたいです。

ですので、是非とも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えてください。

そうすることで想像以上に会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネット上に書き込みしている人って、初期費用を渋り過ぎです。

出費なくSEX出来るようになるのは、一番初めの壁を乗り越えて、安心感を与えられる男だけだと思っています。

また「写メ送って」って男も多いみたいです。

普通に送ってくれる女性ならばいいですが、写メはダメって女性結構いるのです。

そんなケースの時は、取り敢えず1回会ってみた方が良いですね。

で、いまいちタイプの女性でない場合は、キチンと断れば問題ないですし、

断りずらい時は、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、何の問題ありませんよ。

普通にぼくはそうしてます。

▼▼▼