美 STYLE(ビ スタイル)の店舗情報

店舗名 美 STYLE(ビ スタイル)
業種 デリヘル
ジャンル コスプレ・イメクラ/お姉さん・キレイ系/顔射・ぶっかけ
最安値料金 60分 20,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 栄発 詳細エリアはお問い合わせ下さい
営業時間 10:00-6:00
定休日 年中無休/その他(閉店時間6時に電話をしてもご予約して頂けます。)
引用元 https://fuzoku.jp/bstyle/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、美 STYLE(ビ スタイル)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般割と何回も利用させてもらっているのですが、

景気が悪いからか、風俗全般的に、近年は常連客を取るという目的で、本番(基盤)できちゃう女性が増えてきている気がします。

alt=

僕、個人的な印象だと、60-70%ぐらいの可能性で本番することが可能という感じ。

また、ゴム蟻は当然として、生で挿入OKの女性も物凄く増えた感じがします。これもデフレの影響かもしれませんね。。。

生で挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然NNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年ぐらい、ほぼすべてNSのみ。

カワイイ子と安く本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
100パーセント本番(基盤)できる

カワイイ子を探したいって思いません?

だって、どれだけインターネット上の評判で「本番することが可能」って噂されている女性でも、

実際には、一回でもプレイしてみないと、真偽の程ははっきりしていませんからね。

ってなると、風俗で本番できる女性を、探し出すよりは、出会い系などを使ったほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして使っているんですが、コスト1〜2万円ぐらいで、駅近くを歩いている様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

この前はモデル系のナース(20才)と会ってきたんですが、

一緒にお茶をしてからホテルで「ゴムなし」で朝までエッチさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比較してお得感ありません?

プロの風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのエッチする方が圧倒的に興奮しますw

▼▼▼

風俗よりは安い

最近出会い系を利用していて気がつくのは「むちゃくちゃカワイイ女の子が増えたなぁ〜」という事。

景気が悪いせいで、

「風俗で働きたくないでも、お小遣いはほしい」

って18〜23才ぐらいの女の子がメチャクチャ増えてきています。

援交というとイメージがよくありませんが、

ご飯奢ってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お小遣い)渡す

って彼女にすら似たようなことするわけで、別に当然のことですよね。

にも関わらず、出会い系を使っている人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が多いようですが、

初対面のときはお金を掛けたほうが良いように感じます。

数回セックスをして親しくなってくると、どういうわけか「タダマン→セフレ」に変わって行くんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

いままで、セックスをしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系を使っている男性って「お小遣い払うからナマで挿れさせろ」の様に、顔を合わせる直前のメールなど=コミュニケーションの段階から、そんな感じの人ばかりみたいです。

ですので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心させて下さい。

そうすると想像以上に会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネット上で書き込みしてる人って、最初の費用をけちり過ぎなんだと思いますね。

出費なくエッチ出来るようになるのは、一番初めのハードルを超えて、安心感を与えられる男性だけだと思います。

また「写メ見せろ」って男性も多いみたいです。

もちろん見せてくれる女の子なら良いのですが、写メは無理って女の子結構いるのです。

そんな時は、なにはともあれ1度会ってみることをお勧めします。

で、あんまり好みの女の子でなければ、誠意を持ってお断りすれば良いだけだし、

断りずらい時は、まずは「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、何の問題はありませんよ。

もちろんぼくはそうしてます。

▼▼▼