デリワゴンの店舗情報

店舗名 デリワゴン
業種 デリヘル
ジャンル コスプレ・イメクラ/素人・未経験/メイド・萌え系
最安値料金 60分 15,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 栄発 【派遣エリア】 名古屋市内/名古屋近郊/大府/刈谷/半田/ 知多/岡崎/安城/春日井/小牧 ※詳細はお問い合わせ下さい
営業時間 24時間
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/deliwagon/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、デリワゴンさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般割と何度も使わせてもらっているのですが、

不景気のためなのか、風俗全般的に、近頃、常連を獲得する為に、本番(基盤)可能な女性が当たり前になっている気がします。

alt=

僕、個人の感覚で言えば、70%程の確率で本番行為OKって感じ。

しかも、ゴム蟻以外に、ナマで挿入OKって女性も非常に多くなった感じです。これもデフレの影響なのかなって感じます。。。

ナマで挿入OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、さすがにNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年程、ほぼ全部NSのみ。

かわいい子と安くエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対に本番(基盤)させてくれる

かわいい子を見つけたいって思いませんか?

だって、仮にネットの書きこみで「本番行為OK」って噂されている女性でも、

実際には、一回遊んでみないと、本番OKなのかははっきりしていませんよね。

そうなると、風俗で本番させてくれる女性を、探しだすなんかより、出会い系などを使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女の子とSEX三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、総額1〜2万円ぐらいで、駅近くを歩いている様な「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

先日はカワイイ系のナース(21才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテル行って「ナマ」で朝までSEXさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比較して良くないです?

プロの風俗嬢よりも、真面目な女の子とのSEXしたほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかより安い

最近出会い系を使っていて気づくのは「めちゃくちゃかわいい女の子が多くなってきたなぁ〜」ということ。

不景気のせいで、

「風俗はやだでも、お金は欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子がアホほど増えてきています。

援交というとイメージがよくないですが、

ご飯ごちそうしてからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=お金)出す

って彼女でも同様のことするわけで、別に普通の事ですよね。

というのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が多いようですが、

初対面のときはお金をかけた方が良いんじゃないかと思います。

何度かSEXをして仲良くなって来れば、自然と「タダマン→セフレ」になっていくんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

今まで、SEXをしてきた、女の子にきくと、

出会い系に登録している男の人って「お金を支払うから中出しさせろ」等、顔を合わせる直前のメッセージ=やり取りのときから、そんな印象の人が多いみたいです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてください。

そうすれば恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネットに書き込みしている人って、初期経費を出し惜しみ過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにSEX出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと思います。

また「写メ送って」って男の人も多いみたいです。

勿論見せてくれる女の子の場合は問題ないのですが、写メはダメって女の子結構いるのです。

そのようなケースの時は、なにはともあれ1度会ってみることをお奨めします。

で、そんなにタイプの女の子でない場合は、丁寧にお断りすればいいだけだし、

断りずらいのであれば、ひとまず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」ってな感じにして、帰宅すれば、これっぽっちも問題ありませんよ。

勿論ぼくはそうしてます。

▼▼▼