即ズボ!!タダマン王国の店舗情報

店舗名 即ズボ!!タダマン王国
業種 デリヘル
ジャンル お姉さん・キレイ系/即尺(即プレイ)/イラマチオ・ごっくん
最安値料金 40分 5,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 栄発 詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
営業時間 10:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/tadamanohkoku/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、即ズボ!!タダマン王国さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと頻繁に利用させて貰っているのですが、

不景気のせいか、風俗全般的に、現在、常連客を作る目的で、本番(基盤)大丈夫って女性が普通になってきている感じがします。

alt=

僕の感覚でいえば、70%くらいの確率で本番(基盤)OKって感じ。

更に、ゴム蟻以外に、生挿入OKって女性も相当増えた気がします。これも不景気のあおりなんだと思います。。。

生挿入OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やっぱりNNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ半年くらい、十中八九NSばっかり。

可愛い子とお金を掛けずに本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対本番(基盤)できる

可愛い子に会いたいって思いませんか?

だって、どれだけインターネットのクチコミで「本番(基盤)OK」って噂されている女性でも、

実のところ、一回でもプレイしてみないと、本番行為OKなのかはハッキリしていませんよね。

そうなってくると、風俗で本番行為OKの女性を、探し出すよりも、出会い系などを利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に使用しているんですが、合計1〜2万円ぐらいで、駅近くでお茶している様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

この前はキレイ系のセラピスト(21才)と会ってきたんですが、

軽くカフェでお茶してからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までセックスさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くありません?

すれた嬢よりも、真面目な女の子とのセックスする方が断然興奮しますw

▼▼▼

風俗よりも安い

ここ数年、出会い系を使っていて気がつくのは「めちゃくちゃ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」ということ。

不景気のせいで、

「風俗はいやだでも、お金は欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子がメチャメチャいるんです。

援交というと印象がよくないですが、

ご飯おごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=お金)渡す

って彼女にも同じ様なことするわけで、別に当たり前ですよね。

それにも関わらず、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金を渋る人が多いですが、

初対面のときはお金を掛けたほうが良いんじゃないかと感じます。

2-3回エッチをして仲良くなって来れば、自然と「タダマン→セフレ」に変わっていきますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

過去に、エッチをしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系を使っている男って「お金を支払うから中出しさせろ」とか、対面する直前のメールなど=コミュニケーションの時から、そのような様子の人ばかりらしいです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてください。

このやり方なら思っている以上に会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネットで書き込みしてる人って、最初の費用をケチり過ぎです。

タダでセックスできるようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと言えます。

また「写メ送れ」って男も多いみたいです。

普通に送ってくれる女の子ならいいですが、写メは無理って女の子多く見られます。

そのような時は、とにかく1度会ってみることをお勧めします。

で、そんなにタイプの女の子じゃない場合は、誠意を持って断ればいいだけですし、

断りずらい場合、取り敢えず「お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰れば、これっぽっちも問題ないですよ。

普通にぼくはそのようにしてます。

▼▼▼