業界初!複数人同時運送!生で見て選べるデリ!の店舗情報

店舗名 業界初!複数人同時運送!生で見て選べるデリ!
業種 デリヘル
ジャンル お姉さん・キレイ系/素人・未経験/巨乳・爆乳
最安値料金 70分 11,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 栄発 –
営業時間 11:00-4:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/namademiteeraberu/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、業界初!複数人同時運送!生で見て選べるデリ!さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般割りかし繰り返し利用させてもらっているわけですが、

景気が悪い為か、風俗全般的に、ここ数年、お客を取る為に、本番(基盤)可能な風俗嬢が増えてきている感じがします。

alt=

僕の印象で言えば、60-70%くらいの確率で本番(基盤)OKって感じ。

また、ゴム蟻以外に、ナマOKの風俗嬢も凄く増えてきた印象です。これも不況のあおりかもしれませんね。。。

ナマOKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やっぱりNNは少なめ。僕、個人としては、ここ半年くらい、ほぼすべてNSです。

かわいい子と安くSEXするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
100パーセント本番(基盤)できる

かわいい子に出会いたいって思いません?

だって、例えインターネットの体験談で「本番(基盤)OK」って噂されている風俗嬢でも、

正直なところ、一度でも指名してみないと、本番行為OKなのかはハッキリしていません。。。

ってなると、風俗で本番できる風俗嬢を、探し当てるぐらいなら、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」と僕は思うようになったのです。

▼▼▼

真面目な女性とエッチ三昧

僕はワクワクメールを重点的に活用しているんですが、合計1〜2万円ぐらいで、その辺を歩いている様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

この間はキレイ系の金融系OL(20才)と会ってきたんですが、

最初に食事をしてからホテルで「ナマ」で朝までエッチ三昧。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比較して良くありません?

プロの風俗嬢よりも、真面目な女性とのエッチの方がめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

最近出会い系を活用しながら思うのは「メチャクチャかわいい女性が多くなったなぁ〜」って点。

景気が悪いせいで、

「風俗で仕事したくないでも、お金はほしい」

って18〜23才ぐらいの女性がむちゃくちゃいるんです。

援交というと印象が良くありませんが、

食事代を奢ってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=お金)出す

って恋人にすら似たようなことするわけで、別に当たり前の事ですよね。

それなのに、出会い系を活用している人って、タダマンを期待してお金をけちる人が殆どですが、

最初はお金を掛けたほうが良いように感じます。

何回かご飯行ったりして親しくなってくれば、いつの間にか「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、ご飯行ったりしてきた、女性に聞いてみると、

出会い系に登録している男って「金出すから生でさせろ」みたいに、顔を合わせる直前のメッセージ=コミュニケーションのときから、そういったような感じの人がほとんどだそうです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えて下さい。

このやり方なら想像以上に会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってインターネットで書き込みしてる人って、最初の経費を出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにエッチ出来るようになるのは、一番初めの壁を超えて、安心感を与えることが出来る男だけだと感じます。

また「写メ送れ」って男も多いと聞きます。

勿論送ってくれる女性の場合は問題ないのですが、写メは無理って女性いっぱいいます。

そのような時は、ともかく1度会ってみることをお奨めします。

で、あんまりタイプの女性でなければ、ちゃんとお断りすれば問題ないし、

断りにくい時は、最初は「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、なんの問題ないですよ。

勿論僕はそうしてます。

▼▼▼