金髪外国人専門デリヘル ラスベガスの店舗情報

店舗名 金髪外国人専門デリヘル ラスベガス
業種 デリヘル
ジャンル 金髪(外国人)/巨乳・爆乳/痴女・S女
最安値料金 50分 9,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 栄発 詳細エリアはお問い合わせ下さい
営業時間 12:00-4:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/lasvegasngy/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、金髪外国人専門デリヘル ラスベガスさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割とちょいちょい使わせてもらっているのですが、

景気が悪いせいなのか、風俗全般的に、この何年かで、お客を獲得するという目的で、本番(基盤)出来ちゃう女の子が当たり前になってきているように感じます。

alt=

個人のイメージで言えば、60%程の可能性で本番することが出来ちゃうという感じ。

また、ゴム蟻だけじゃなく、生挿入でも大丈夫って女の子もかなり多くなってきた感じです。これも不景気のあおりなんだと思います。。。

生挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、さすがにNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年程、ほぼすべてNSばかり。

可愛い子とお金を掛けずに本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)出来ちゃう

可愛い子を探したいって思いません?

だって、どれだけネット上の体験談で「本番することが出来ちゃう」って噂されている女の子でも、

実際のところ、一度入ってみないと、本番させてくれるのかは判別できませんからね。

そうなると、風俗で本番することが出来ちゃう女の子を、探し回るより、出会い系とかを使ったほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に活用しているんですが、コスト1〜2万円くらいで、町中でお茶しているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

先日はモデル系の歯科衛生士(21才)と会ってきたんですが、

一緒に食事をしてからホテルへ行き「」で朝までエッチさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比較して良くないです?

プロの風俗嬢よりも、真面目な女の子とのエッチのほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を使っていて感じるのは「マジ可愛い女の子が増えたなぁ〜」的な事。

景気が悪いせいで、

「風俗では仕事したくないけど、おこづかいは欲しい」

って18〜23才くらいの女の子がアホほど増えてきています。

援交っていうとイメージが悪いですが、

ご飯奢ってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=おこづかい)渡す

って恋人でも似たようなことするわけで、別に当たり前ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金を渋る人が殆どですが、

初めはお金を使ったほうがスマートだと思います。

2-3回お茶したりして親密になって来ると、何もしなくても「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

いままで、お茶したりしてきた、女の子に話を聞いてみると、

出会い系を使っている男性って「金支払うから生でさせろ」など、顔を合わせる直前のメールなど=やりとりの段階で、そんな印象の人だらけとのことです。

ですので、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

このようにすればいくらでも会えるんでw

「出会い系では会えない」ってネット上に書き込んでいる人って、初期コストを渋り過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにエッチ出来るようになるのは、一番初めの壁を超えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと考えられます。

また「写メ見せろ」って男性も多いと聞きます。

もちろん見せてくれる女の子だと良いのですが、写メはダメって女の子結構いるのです。

その場合は、なにはともあれ一回会ってみることをお勧めします。

で、あまりタイプの女の子でない場合は、しっかりとお断りすればいいだけだし、

断りにくい場合、最初は「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、全然問題ありませんよ。

もちろんぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼