Lovelstormの店舗情報

店舗名 Lovelstorm
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験
最安値料金 50分 13,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 栄発 【派遣エリア】 名古屋市内/一宮/稲沢/春日井/小牧/名古屋近郊/その他 ※詳細はお問い合わせ下さい
営業時間 11:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/lovelstorm/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、Lovelstormさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと何回も使わせてもらっているのですが、

景気が悪いからか、風俗全般的に、最近顧客を増やすために、本番(基盤)大丈夫って女の子が当たり前になっているように感じます。

alt=

個人的な感覚でいえば、7割ぐらいの可能性で本番することが可能という状態。

その上、ゴム蟻は当たり前として、ナマ挿入可って女の子もすごく多くなってきた感じがします。これも不況の影響かもしれませんね。。。

ナマ挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、案の定NNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年ぐらい、ほとんどNSのみ。

可愛い子と低コストで本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
絶対に本番(基盤)することができる

可愛い子に出会いたいって思いませんか?

だって、どれだけインターネットの書きこみで「本番することが可能」って噂されている女の子でも、

実際には、一回入ってみないと、真偽の程は分かりませんよね。

となると、風俗で本番出来る女の子を、探し当てるより、出会い系などを利用した方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使用しているんですが、計1〜2万円程で、駅近くをぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

先日はキレイ系のメイドカフェの店員(20才)と会ってきたんですが、

一緒にカフェでお茶してからホテルで「ナマ」で朝までセックス三昧。

alt=
alt=
alt=

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗よりお得感ありません?

プロの風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのセックスする方が断然興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

最近出会い系を利用していて感じるのは「めちゃくちゃ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」的なこと。

景気が悪いせいで、

「風俗で仕事したくないけど、お小遣いは欲しい」

って18〜23才程の女の子が驚くほど増えてきています。

援交というと印象がよくないですが、

ご飯ごちそうしてからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)渡す

って彼女でも同様のことするわけで、別に当たり前ですよね。

それにも関わらず、出会い系を使用している人って、タダマンをあてにしてお金をケチる人が多いのですが、

最初はお金をかけた方が良いんじゃないかと思います。

2-3回食事行ったりして親密になってくれば、自然と「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

今まで、食事行ったりしてきた、女の子に聞くと、

出会い系にいる男の人って「おこづかいを出すからナマで挿れさせろ」のように、会う前のメールなど=コミュニケーションの段階で、そんな印象の人が多いだそうです。

なので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えて下さい。

そうすることで恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってインターネットで書き込んでいる人って、初期費用を出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにセックスできるようになるのは、最初のハードルを乗り越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男の人も多いみたいです。

もちろん見せてくれる女の子であれば良いのですが、写メはNGって女の子相当いるのです。

そのような時は、取り敢えず1度会ってみることをオススメします。

で、あまりタイプの女の子でない場合は、しっかりとお断りすればいいだけだし、

断りにくい時は、ひとまず「お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰ってしまえば、これっぽっちも問題ないですよ。

もちろんぼくはそうしてます。

▼▼▼