Mrs.即アポ-人妻熟女と本格不倫専門-の店舗情報

店舗名 Mrs.即アポ-人妻熟女と本格不倫専門-
業種 デリヘル
ジャンル 人妻/熟女/巨乳・爆乳
最安値料金 80分 14,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 名古屋市内発 名古屋市内発、駅があればどこでも待ち合わせ可能です。
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/mssokuapo/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、Mrs.即アポ-人妻熟女と本格不倫専門-さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割りかし頻繁に利用させて貰っているわけですが、

不景気のからか、風俗全般的に、近頃では客をゲットする為に、本番(基盤)出来ちゃう女性が多くなってきた気がします。

alt=

個人的な印象でいえば、60-70%程の確率で本番することが出来ちゃうって感じ。

さらには、ゴム蟻以外に、生でも大丈夫って女性もすごく多くなったような気がします。これもデフレのあおりなんでしょうね。。。

生でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ1年程、十中八九NSばかり。

カワイイ子と低コストでエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
100パーセント本番(基盤)することが可能な

カワイイ子を見つけたいって思いません?

だって、例えネット上の評判で「本番することが出来ちゃう」って噂されている女性でも、

実のところ、一度プレイしてみないと、本番させてくれるのかはハッキリしていません。。。

そうなってくると、風俗で本番させてくれる女性を、探しあてるなんかよりも、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女性とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして使っているんですが、総額1〜2万円ぐらいで、その辺で買い物しているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

先日はロリ系のネイリスト(21才)と会ってきたんですが、

まず最初に喫茶店でお茶してからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までエッチさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比べてお得感ありません?

プロの嬢よりも、普通の女性とのエッチする方が圧倒的に興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

最近出会い系を活用していて思うのは「ほんとカワイイ女性が多くなったなぁ〜」的な点。

不景気のせいで、

「風俗はいやだでも、お金は欲しい」

って18〜23才ぐらいの女性が無茶苦茶増えてます。

援交っていうとイメージがよくないですが、

ご飯おごってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お金)出す

って彼女でも同じようなことするわけで、いたって普通のことですよね。

それなのに、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金をケチる人が多いみたいですが、

初めはお金をかけた方がスムーズだと思います。

何度かエッチをして親密になってくれば、自然と「タダマン→セフレ」に変わって行くんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

これまで、エッチをしてきた、女性に聞いてみると、

出会い系に登録している男の人って「おこづかいを払うから中出しさせろ」の様に、会う直前のメッセージ=交渉から、そのような様子の人だらけだそうです。

という訳で、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女性を安心させてみることをお薦めします。

そうすることで思っている以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上に書き込んでいる人って、初期コストをケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

お金かけずにエッチ出来るようになるのは、最初の壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと考えられます。

また「写メ送って」って男の人も多いみたいです。

勿論見せてくれる女性ならばいいですが、写メはNGって女性結構いるのです。

そんな時は、何はともあれ1回会ってみた方が良いです。

で、いまひとつ好みの女性でなければ、きちんと断れば良いだけですし、

断りにくいのであれば、ひとまず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」ってな感じにして、帰ってしまえば、なんの問題はありませんよ。

勿論ぼくはそうやってます。

▼▼▼