メビウスの店舗情報

店舗名 メビウス
業種 ヘルス
ジャンル 人妻/痴女・S女
最安値料金 50分 12,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所 愛知県名古屋市栄3-10-6ルネッサンスビル4F
アクセス 名古屋地下鉄栄駅から徒歩5分 名古屋地下鉄栄駅から【徒歩5分】 地下鉄8番出口から3分。
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/mobius/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、メビウスさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般割りかし頻繁に利用させて貰っているんですが、

景気が悪いからか、風俗全般的に、このごろ、お客を取るという目的で、本番(基盤)することができる風俗嬢が当たり前になっているように感じます。

alt=

僕の印象で言えば、6割ぐらいの確率で本番できるという感じ。

さらには、ゴム蟻だけじゃなく、ナマで挿入可の風俗嬢もとても増えてきたような気がします。これも不況の影響かもしれませんね。。。

ナマで挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年ぐらい、ほぼ全てNSです。

可愛い子と低コストでSEXするには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
100%本番(基盤)可能な

可愛い子に出会いたいって思いませんか?

だって、例えインターネットの評判で「本番できる」って噂されている風俗嬢でも、

実際のところ、一回入ってみないと、真偽の程はハッキリしていませんからね。

そうなってくると、風俗で本番出来る風俗嬢を、探し当てるぐらいなら、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、計1〜2万円くらいで、町中で買い物している様な「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

この前はロリ系のセラピスト(20才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べてお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、普通の女の子とのセックスしたほうが間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

最近出会い系を活用していて感じるのは「もの凄く可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」的なこと。

景気が悪いせいで、

「風俗では仕事したくないでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才くらいの女の子がアホほど増えてきています。

援交というとイメージがよくないですが、

ごはん代をおごってからセックスする
セックスして帰りにタクシー代(=おこづかい)出す

って彼女でも似たようなことするわけで、別に普通のことですよね。

それなのに、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人が多いですが、

最初の頃はお金を掛けたほうが良いんじゃないかと感じます。

何度か会って親しくなってきたら、どういうわけか「タダマン→セフレ」に変わって行きますんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

過去に、会ってきた、女の子に話をきくと、

出会い系にいる男の人って「金出すから中出しさせろ」等、対面する前のメッセージ=交渉のときから、そんな印象の人ばかりらしいです。

なわけで、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてみることをお薦めします。

このやり方ならビックリするほど会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってインターネットに書き込んでいる人って、最初のコストをケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

お金掛けずにセックスできるようになるのは、最初の壁を超えて、安心感を与えられる男の人だけだと思います。

また「写メ見せて」って男の人も多いみたいです。

もちろん送ってくれる女の子ならOKなのですが、写メはダメって女の子いっぱいいます。

そんな場合は、ともかく一度会ってみた方がいいですね。

で、それほど好みの女の子でなければ、丁寧にお断りすればいいだけですし、

断りにくい場合、ひとまず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」ってな感じにして、帰っちゃえば、ぜんぜん問題ありませんよ。

もちろんぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼