Ruf VIP 丸の内の店舗情報

店舗名 Ruf VIP 丸の内
業種 ヘルス
ジャンル コスプレ・イメクラ/素人・未経験/OL・秘書
最安値料金 50分 20,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所 愛知県名古屋市中区丸の内3-21-4ルーフビル
アクセス 地下鉄久屋大通駅1番出口から徒歩1分 地下鉄「久屋大通駅」1番出口より徒歩1分 ※駐車場完備
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/rufu/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、Ruf VIP 丸の内さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割りかし頻繁に利用させてもらっているわけですが、

不況のからなのか、風俗全般的に、最近顧客を作るという目的で、本番(基盤)大丈夫って女性が当たり前になっている感じがします。

alt=

個人のイメージで言うと、70%ぐらいの可能性で本番出来ちゃうってな感じ。

また、ゴム蟻は当たり前として、生OKって女性も凄く多くなってきたように思います。これもデフレの影響なんでしょうね。。。

生OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やはりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年ぐらい、殆どNSだけ。

カワイイ子と安くSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
絶対に本番(基盤)させてくれる

カワイイ子を探したいって思いませんか?

だって、いくらインターネット上の評判で「本番出来ちゃう」って言われている女性でも、

実際には、一度プレイしてみないと、本番できるのかは判明しませんよね。

ってなると、風俗で本番OKの女性を、探し出すより、出会い系とかを使った方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールを主として活用しているんですが、合計1〜2万円程で、駅近くで買い物している様な「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この前はカワイイ系の美容師(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にお茶をしてからホテルに行き「ナマ」で朝までエッチさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較して良くありません?

プロの風俗嬢よりも、普通の女の子とのエッチの方がかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

ここ数年、出会い系を利用していて感じるのは「めちゃくちゃカワイイ女の子が増えてきたなぁ〜」って事。

不況のせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、お金はほしい」

って18〜23才程の女の子がむちゃくちゃ増えてきています。

援交というとイメージが良くありませんが、

食事奢ってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=お金)渡す

って恋人にも似たようなことするわけで、いたって当たり前ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を活用している人って、タダマンを期待してお金をけちる人が多いようですが、

初めはお金を使った方がスマートだと思います。

何回かエッチして親しくなってきたら、知らないうちに「タダマン→セフレ」となって行くんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

過去に、エッチしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系に登録している男の人って「おこづかい支払うから生で挿れさせろ」のように、顔を合わせる直前のメールなど=やり取りの段階で、そういったような感じの人ばかりらしいです。

なわけで、ぜひ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげて下さい。

そうすることでビックリするほど会えるんでw

「出会い系は会えない」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初の経費をケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでエッチ出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと言えます。

また「写メ見せろ」って男の人も多いみたいです。

勿論見せてくれる女の子の場合はオーケーなのですが、写メは無理って女の子多く見られます。

そのようなケースの時は、まずは一回会ってみて下さい。

で、あんまり好みの女の子じゃない場合は、丁寧にお断りすればいいだけだし、

断りずらい場合、取り敢えず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」ってな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも大丈夫ですよ。

勿論ぼくはそうしてます。

▼▼▼