のぞき個室「アート姫」の店舗情報

店舗名 のぞき個室「アート姫」
業種 ヘルス
ジャンル 素人・未経験/人妻
最安値料金 10分 3,000円-
カード 利用不可
住所 愛知県名古屋市中区丸の内2-18-32カーサ丸の内703号室
アクセス 地下鉄丸の内2番又は3番出口から徒歩2分 地下鉄「丸の内」2番又は3番出口…徒歩2分
営業時間 12:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/arthime/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、のぞき個室「アート姫」さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般割りかしよく使わせて貰っているんですが、

不景気のからなのか、風俗全般的に、このところ、常連客を増やす為に、本番(基盤)可能な女性が増えてきたように感じます。

alt=

個人的な感じで言えば、60%程の可能性で本番することが可能という状態。

しかも、ゴム蟻だけじゃなく、ナマOKって女性も物凄く多くなった気がします。これもデフレのあおりなんだと思います。。。

ナマOKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、さすがにNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年程、ほぼ全部NSばっかり。

カワイイ子とお金を掛けずに本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
確実に本番(基盤)出来ちゃう

カワイイ子に会いたいって思いませんか?

だって、例えネットの口コミで「本番することが可能」って噂されている女性でも、

実際のところ、一度指名してみないと、本番することが可能なのかは分かりませんよね。

となると、風俗で本番することが出来ちゃう女性を、探しあてるより、出会い系などを利用したほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインとして活用しているんですが、総額1〜2万円くらいで、町中を歩いているような「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

この間はキレイ系の歯科助手(21才)と会ってきたんですが、

軽く食事をしてからホテルへ行き「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比較して良くないです?

仕事として割り切っている嬢よりも、普通の女の子とのセックスするほうが一番興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を活用していて気がつくのは「メチャクチャカワイイ女の子が増えたなぁ〜」的な点。

不景気のせいで、

「風俗は嫌だでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才くらいの女の子が無茶苦茶います。

援交というと印象がよくありませんが、

ごはんおごってからセックスする
セックスして帰りにタクシー代(=おこづかい)渡す

って恋人にすらよく似たことするわけで、いたって当たり前ですよね。

それなのに、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が多いですが、

初対面のときはお金を掛けたほうがスムーズだと思います。

2-3回お茶したりして親しくなってきたら、自然と「タダマン→セフレ」になっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、お茶したりしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系にいる男の人って「金支払うから生中で挿れさせろ」とか、顔を合わせる直前のメッセージ=やり取りのときから、そのような様子の人だらけらしいです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

そうすれば恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネットに書き込みしている人って、最初の経費をけちり過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにセックスできるようになるのは、一番初めの壁を超えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと思います。

また「写メ送って」って男の人も多いようです。

勿論送ってくれる女の子の場合はいいんですが、写メは駄目って女の子多数います。

そういった場合は、取りあえず一度会ってみることをお奨めします。

で、あんまりタイプの女の子じゃなければ、キチンと断ればいいだけだし、

断りにくい場合、まずは「今日は軽くお茶だけにしましょうか」って感じにして、帰宅すれば、これっぽっちも問題ないですよ。

勿論ぼくはそうやってます。

▼▼▼