スーパークイーンの店舗情報

店舗名 スーパークイーン
業種 ヘルス
ジャンル お姉さん・キレイ系/素人・未経験
最安値料金 50分 12,000円-
カード VISA/MASTER/AMEX
住所 愛知県名古屋市中区栄二丁目4番5号チサンマンション栄U番館広小路A棟704号
アクセス 地下鉄伏見駅から徒歩5分 地下鉄「伏見駅」4番出口徒歩5分
営業時間 10:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/0409/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、スーパークイーンさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりとよく使わせてもらっているんですが、

景気が悪い為か、風俗全般的に、このところ、お客さんを作るために、本番(基盤)することが可能な風俗嬢が多くなっているように感じます。

alt=

個人の印象でいえば、6割程の可能性で本番出来ちゃうという状態。

しかも、ゴム蟻の他に、生挿入OKの風俗嬢も凄く増えたように思います。これも不況のあおりなんだと思います。。。

生挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然のことながらNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年程、十中八九NSばっかり。

可愛い子と低コストで本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
100%本番(基盤)させてくれる

可愛い子を探したいって思いませんか?

だって、例えネットの体験談で「本番出来ちゃう」って言われている風俗嬢でも、

実際のところ、一回でも指名してみないと、本番出来るのかははっきりしていませんよね。

そうなると、風俗で本番出来る風俗嬢を、探し当てるよりも、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使っているんですが、総額1〜2万円ぐらいで、その辺を歩いているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この前はカワイイ系のセラピスト(21才)と会ってきたんですが、

軽くカフェでお茶してからホテル行って「ナマ」で朝までエッチ漬け。

alt=
alt=
alt=

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比べてお得感ありません?

プロの風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのエッチするほうが断然興奮しますw

▼▼▼

風俗よりも安い

ここ数年、出会い系を使っていて気づくのは「メチャクチャ可愛い女の子が増えたなぁ〜」ということ。

景気が悪いせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子が驚くほど増えてます。

援交というとイメージがよくありませんが、

食事奢ってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って恋人でも同じようなことするわけで、いたって当然のことですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使っている人って、タダマンを期待してお金をけちる人がほとんどですが、

最初はお金をかけた方が良いんじゃないかと思います。

2-3回SEXをして親しくなって来れば、何もしなくても「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

今まで、SEXをしてきた、女の子にきいてみると、

出会い系にいる男って「お小遣いを支払うから生で挿れさせろ」のように、会う前のメールなど=交渉から、そのような様子の人だらけみたいです。

ですので、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみることをお薦めします。

このようにすれば思っている以上に会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってネットに書き込みしている人って、最初のコストを出し惜しみ過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにエッチできるようになるのは、最初の壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと感じます。

また「写メ見せろ」って男も多いようです。

当然見せてくれる女の子だとしたらオーケーなのですが、写メはダメって女の子多く見られます。

その場合は、取り敢えず1回会ってみた方が良いですね。

で、そこまで好みの女の子じゃなければ、丁寧にお断りすれば問題ないし、

断りずらい時は、まずは「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰宅すれば、ぜんぜん大丈夫ですよ。

当然ぼくはそうしてます。

▼▼▼