operaの店舗情報

店舗名 opera
業種 ヘルス
ジャンル ロリ・妹系/素人・未経験/お姉さん・キレイ系
最安値料金 50分 16,000円-
カード VISA/MASTER/AMEX/その他(カードご利用時は10パーセントの手数料がかかります)
住所 愛知県名古屋市中区錦3丁目13番19号「アロン錦B」6階
アクセス 地下鉄栄駅1番出口から徒歩3分 名古屋市営地下鉄「栄駅」1番出口を出たらご連絡下さい。
営業時間 9:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/opera/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、operaさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般割りかし何度も利用させて貰っているわけですが、

景気が良くない為か、風俗全般的に、このごろ、顧客を増やすために、本番(基盤)OKって嬢が当たり前になってきた気がします。

alt=

個人の感覚だと、60-70%程の可能性で本番することが出来ちゃうという感じ。

更に、ゴム蟻以外に、ナマOKの嬢も相当増えた印象です。これも不景気の影響なんだと思います。。。

ナマOKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、もちろんNNは少数派。僕、個人的には、ここ半年程、殆どNSばっかり。

かわいい子とお金を掛けずにエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
確実に本番(基盤)可能な

かわいい子に会いたいって思いません?

だって、どれだけネットのクチコミで「本番することが出来ちゃう」って噂されている嬢でも、

実際には、一回でも指名してみないと、本番することが出来ちゃうのかは判別できません。。。

そうなると、風俗で本番させてくれる嬢を、探しだすなんかよりも、出会い系等を利用した方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女性とセックス三昧

僕はワクワクメールをメインに使用しているんですが、合計1〜2万円くらいで、その辺をぶらぶらしているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

この間は可愛い系のメイドカフェの店員(20才)と会ってきたんですが、

一緒にご飯食べてからホテルへ行き「」で朝までセックスさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗よりお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、真面目な女性とのセックスする方が間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

ここ数年、出会い系を活用しながら思うのは「めちゃくちゃかわいい女性が多くなったなぁ〜」という点。

景気が良くないせいで、

「風俗でバイトしたくないけど、お小遣いは欲しい」

って18〜23才くらいの女性がビックリするほどいるんです。

援交っていうと印象がよくないですが、

ごはん奢ってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人にも同じ様なことするわけで、いたって当たり前ですよね。

というのに、出会い系を使用している人って、タダマンを当てにしてお金をケチる人が殆どですが、

初めはお金を掛けた方が良いんじゃないかと思います。

何回かご飯行ったりして親密になってくれば、知らないうちに「タダマン→セフレ」になっていきますんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

これまで、ご飯行ったりしてきた、女性にきくと、

出会い系を使っている男性って「金を払うから生で挿れさせろ」など、会う前のメールなど=交渉から、そんな印象の人がほとんどとのことです。

そういう理由で、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女性を安心させてみることをお薦めします。

そうすることで想像以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネットで書き込みしてる人って、最初の費用をけちり過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにセックス出来るようになるのは、最初のハードルを超えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと言えます。

また「写メ送って」って男性も多いようです。

勿論送ってくれる女性なら良いんですが、写メは不可って女性いっぱいいます。

そのような時は、なにはともあれ1回会ってみて下さい。

で、今一つ好みの女性でない場合は、誠意を持ってお断りすれば問題ないですし、

断りずらい場合、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、何の差し支えありませんよ。

勿論僕はそういう風にしてます。

▼▼▼