人妻最終兵器 もえろ奥様 錦の店舗情報

店舗名 人妻最終兵器 もえろ奥様 錦
業種 ヘルス
ジャンル 人妻/熟女/痴女・S女
最安値料金 40分 8,000円-
カード 利用不可
住所 愛知県名古屋市中区錦3-20-4東和錦ビル2F
アクセス 栄町駅から徒歩10分 詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
営業時間 10:00-0:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/moeronsk/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、人妻最終兵器 もえろ奥様 錦さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと頻繁に使わせて貰っているわけですが、

景気が悪いからか、風俗全般的に、近頃は常連客を獲得するために、本番(基盤)嬢が増えてきたように思います。

alt=

僕、個人のイメージで言うと、7割ぐらいの確率で本番することが可能って感じ。

また、ゴム蟻以外に、ナマ挿入でも大丈夫って嬢もすごく多くなってきたように思います。これも不景気の影響かもしれませんね。。。

ナマ挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、さすがにNNは少なめ。ぼく、個人としては、ここ1年ぐらい、ほとんどNSばかり。

カワイイ子と低コストでエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
100%本番(基盤)可能な

カワイイ子に出会いたいって思いません?

だって、どれだけインターネット上の評判で「本番することが可能」って噂されている嬢でも、

実際のところ、一回プレイしてみないと、本番することが可能なのかはハッキリしていませんよね。

そうなると、風俗で本番することが出来ちゃう嬢を、探し回るよりも、出会い系とかを利用した方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に使っているんですが、計1〜2万円位で、その辺でお茶しているような「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

ちょっと前にカワイイ系の介護福祉士(20才)と会ってきたんですが、

最初にお茶をしてからホテルへ行き「」で朝までSEXさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗より良くありません?

プロの風俗嬢よりも、普通の女性とのSEXするほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗よりも安い

近頃出会い系を利用しながら感じるのは「もの凄くカワイイ女性が増えたなぁ〜」的なこと。

景気が悪いせいで、

「風俗で働きたくないけど、お金は欲しい」

って18〜23才位の女性が驚くほどいるんです。

援交っていうとイメージがよくありませんが、

ごはん奢ってからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=お金)渡す

って彼女にすら同様のことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

それなのに、出会い系を使っている人って、タダマンを期待してお金を出し惜しむ人が多いようですが、

最初の頃はお金をかけた方がスムーズだと感じます。

2-3回ご飯行ったりして仲良くなってくると、自然と「タダマン→セフレ」になって行きますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、ご飯行ったりしてきた、女性に聞いてみると、

出会い系を利用している男って「金を出すからナマでさせろ」とか、会う前のメールなど=コミュニケーションから、そんな感じの人が殆どとのことです。

そういう理由で、できるだけ紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげてみることをお薦めします。

そうすればビックリするほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初の経費をけちり過ぎです。

お金掛けずにSEX出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと考えられます。

また「写メ見せろ」って男も多いみたいです。

勿論見せてくれる女性だとしたらオーケーなのですが、写メは無理って女性結構いるのです。

その場合は、とりあえず1回会ってみた方がいいです。

で、それほどタイプの女性じゃなければ、丁寧にお断りすればいいだけですし、

断りにくいのであれば、取り敢えず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」ってな感じにして、帰れば、なんの差し支えありませんよ。

勿論ぼくはそうやってます。

▼▼▼