ラブボート大曽根の店舗情報

店舗名 ラブボート大曽根
業種 ヘルス
ジャンル コスプレ・イメクラ/お姉さん・キレイ系/素人・未経験
最安値料金 45分 15,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所 愛知県名古屋市北区大曽根3-11-10DCビル1F
アクセス JR大曽根駅 北口から徒歩2分 JR大曽根駅 北口を出て徒歩2分 地下鉄名城線 大曽根駅 2番出口を出て徒歩1分
営業時間 10:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/loveoozone/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、ラブボート大曽根さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割と何回も使わせてもらっているわけですが、

景気が良くないためか、風俗全般的に、最近常連をゲットするという目的で、本番(基盤)させてくれる女性が当たり前になってきた感じがします。

alt=

僕、個人的なイメージで言えば、60%くらいの確率で本番出来るという感じ。

更に、ゴム蟻の他に、生挿入可の女性も非常に多くなってきた感じがします。これもデフレの影響かもしれませんね。。。

生挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、案の定NNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ1年くらい、ほぼ全部NSばっかり。

可愛い子と低コストで本番する為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
絶対本番(基盤)させてくれる

可愛い子を探したいって思いません?

だって、どれだけネットの書き込みで「本番出来る」って噂されている女性でも、

正直なところ、一度指名してみないと、本番行為OKなのかははっきりしていませんよね。

ってなると、風俗で本番することが可能な女性を、探し当てるよりは、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

真面目な女性とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として活用しているんですが、計1〜2万円くらいで、駅近くでお茶している様な「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

ちょっと前に可愛い系のスポーツインストラクター(19才)と会ってきたんですが、

まず最初にカフェでお茶してからホテルへ行き「ナマ」で朝までセックスさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べてお得感ありません?

プロの風俗嬢よりも、真面目な女性とのセックスのほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗よりは安い

ここ数年、出会い系を活用しながら感じるのは「むちゃくちゃ可愛い女性が多くなったなぁ〜」というようなこと。

景気が良くないせいで、

「風俗はいやだけど、お小遣いは欲しい」

って18〜23才くらいの女性が驚くほどいるんですよ。

援交というと印象がよくないですが、

食事代をおごってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人でもよく似たことするわけで、いたって当然のことですよね。

なのに、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金をけちる人が多いみたいですが、

最初の頃はお金を掛けたほうが良いように感じます。

2-3回SEXして親しくなってきたら、知らないうちに「タダマン→セフレ」となっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

過去に、SEXしてきた、女性に話を聞いてみると、

出会い系に登録している男の人って「おこづかいを払うからナマでさせろ」とか、会う前のメールなど=コミュニケーションから、そんな印象の人が多いとのことです。

ですので、ぜひとも紳士的に振る舞って、女性を安心させてください。

そうすると思っている以上に会えるんでw

「出会い系では会えない」ってネットで書き込んでいる人って、最初の費用を渋り過ぎです。

タダでセックス出来るようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男の人だけだと感じます。

また「写メ見せろ」って男の人も多いと聞きます。

もちろん送ってくれる女性ならば良いんですが、写メは駄目って女性多数います。

そのような時は、取り敢えず1回会ってみることをおすすめします。

で、そんなに好みの女性じゃなければ、誠意を持って断ればいいだけですし、

断りにくいのであれば、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、何の問題ありませんよ。

もちろんぼくはそうしてます。

▼▼▼