岡崎人妻隊の店舗情報

店舗名 岡崎人妻隊
業種 デリヘル
ジャンル 早朝営業
最安値料金 70分 15,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 岡崎発 無店舗型デリバリー:《エリア》岡崎インター/中岡崎/美合・藤川/安城/豊田/三好方面
営業時間 8:00-20:00
定休日 月曜日/火曜日/水曜日/木曜日/金曜日/土曜日/日曜日/祝日/その他(12/31-1/3)
引用元 https://fuzoku.jp/0kazaki/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、岡崎人妻隊さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割りかしよく使わせてもらっているのですが、

不景気のためなのか、風俗全般的に、近頃、固定客を取ることを目的に、本番(基盤)大丈夫って風俗嬢が多くなっているように思います。

alt=

僕、個人的な印象で言うと、6割位の可能性で本番させてくれるって感じ。

その上、ゴム蟻の他に、ナマで挿れさせてくれる風俗嬢もすごく多くなってきた感じです。これも不景気の影響なんでしょうね。。。

ナマで挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然のことながらNNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ半年位、ほぼすべてNSだけ。

カワイイ子と安くエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
100%本番(基盤)することが可能な

カワイイ子に出会いたいって思いませんか?

だって、例えインターネットの書きこみで「本番させてくれる」って噂されている風俗嬢でも、

実のところ、一度遊んでみないと、本番させてくれるのかはハッキリしていません。。。

そうなると、風俗で本番することが出来ちゃう風俗嬢を、探しだすより、出会い系等を利用したほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになりました。

▼▼▼

擦れてない女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールをメインに使用しているんですが、計1〜2万円程で、駅近くでお茶しているような「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

この前はモデル系のパティシエ(21才)と会ってきたんですが、

軽くご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗よりお得感ありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、擦れてない女の子とのセックスのほうがかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を使っていて気がつくのは「むちゃくちゃカワイイ女の子が増えてきたなぁ〜」って事。

不景気のせいで、

「風俗で働きたくないけど、おこづかいはほしい」

って18〜23才程の女の子が驚くほどいるんですよ。

援交っていうと印象がよくありませんが、

ご飯おごってからセックスする
セックスして帰る時にタクシー代(=おこづかい)渡す

って恋人にすら似たようなことするわけで、別に当たり前の事ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金をけちる人が多いみたいですが、

初めはお金をかけたほうが良いように思います。

数回顔を合わして親しくなって来れば、何もしなくても「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

これまで、顔を合わしてきた、女の子にきくと、

出会い系にいる男って「おこづかいを出すからナマでさせろ」みたいに、顔を合わせる直前のメールなど=コミュニケーションの段階で、そんな印象の人ばかりだそうです。

という訳で、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげて下さい。

そうすると想像以上に会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネットに書き込んでいる人って、初期経費をけちり過ぎなんだと思いますね。

出費なくセックスできるようになるのは、一番初めのハードルを越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと思っています。

また「写メ送って」って男も多いようです。

もちろん送ってくれる女の子であればいいんですが、写メは無理って女の子多数います。

そういった時は、なにはともあれ一回会ってみた方が良いですね。

で、そこまで好みの女の子でなければ、きちんとお断りすれば問題ないですし、

断りずらいのであれば、ひとまず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、全然問題ありませんよ。

もちろんぼくはそうしてます。

▼▼▼