20代デリヘルの店舗情報

店舗名 20代デリヘル
業種 デリヘル
ジャンル 韓国(韓デリ)
最安値料金 60分 10,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 岡崎発 【派遣エリア】 岡崎/三河安城/豊田/刈谷/豊明/大府/ 知立/西尾/碧南/半田/幸田/高浜 ※その他エリアに関してはお問い合わせ下さい
営業時間 11:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/20deli/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、20代デリヘルさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般比較的何度も利用させてもらっているわけですが、

景気が悪いせいなのか、風俗全般的に、近年、常連をとるという目的で、本番(基盤)OKって女性が普通になってきているように感じます。

alt=

個人の感じだと、6割くらいの確率で本番OKってな感じ。

その上、ゴム蟻は当然として、生でも大丈夫って女性も物凄く増えてきた気がします。これも不景気の影響なんでしょうね。。。

生でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やっぱりNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ1年くらい、ほぼすべてNSばかり。

可愛い子と安く本番する為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対に本番(基盤)させてくれる

可愛い子を探したいって思いませんか?

だって、例えインターネット上の評判で「本番OK」って噂されている女性でも、

正直なところ、一度でもプレイしてみないと、本番行為OKなのかは分かりませんからね。

ってなると、風俗で本番することが出来ちゃう女性を、探しだすよりも、出会い系とかを使ったほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として使っているんですが、合計1〜2万円ぐらいで、その辺を歩いているような「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

ちょっと前にキレイ系のメイドカフェの店員(20才)と会ってきたんですが、

軽く喫茶店でお茶してからホテルで「ナマ」で朝までセックス三昧。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗と比較して良くないです?

プロの嬢よりも、真面目な女の子とのセックスするほうが圧倒的に興奮しますw

▼▼▼

風俗よりも安い

近頃出会い系を活用しながら感じるのは「もの凄く可愛い女の子が多くなってきたなぁ〜」という点。

景気が悪いせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子が驚くほど増えてます。

援交っていうと印象がよくないですが、

食事おごってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=おこづかい)出す

って恋人にすらよく似たことするわけで、別に当たり前ですよね。

なのに、出会い系を使っている人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人が多いみたいですが、

最初の頃はお金を使ったほうが良いんじゃないかと感じます。

数回顔を合わして親密になってきたら、どういうわけか「タダマン→セフレ」となっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、顔を合わしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系を利用している男って「お金出すから生でさせろ」とか、顔を合わせる直前のメールなど=やりとりのときから、そういったような感じの人だらけみたいです。

なので、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてください。

このやり方なら恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系は会えない」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初のコストを出し惜しみ過ぎです。

お金かけずにセックス出来るようになるのは、最初の壁を越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと考えられます。

また「写メ見せろ」って男も多いようです。

もちろん送ってくれる女の子の場合は問題ないのですが、写メはNGって女の子相当いるのです。

その場合は、何はともあれ1回会ってみた方がいいですね。

で、いまいちタイプの女の子じゃなければ、誠意を持って断ればいいだけですし、

断りずらい時は、ひとまず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰っちゃえば、ぜんぜん差し支えありませんよ。

もちろんぼくはその様にしてます。

▼▼▼