DIANAの店舗情報

店舗名 DIANA
業種 デリヘル
ジャンル お姉さん・キレイ系
最安値料金 60分 22,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/その他(DC、UFJ)
住所
アクセス 名古屋内その他発 名古屋市内・一宮に出張いたします!
営業時間 18:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/diana5/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、DIANAさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」です。

ボクは風俗全般割りかし頻繁に利用させて貰っているんですが、

景気が良くないからなのか、風俗全般的に、最近では常連客を獲得する為に、本番(基盤)可能な嬢が普通になってきているように感じます。

alt=

僕、個人的な感覚で言えば、60-70%位の確率で本番することが出来ちゃうってな感じ。

更に、ゴム蟻は当たり前として、生で挿入可の嬢も物凄く多くなってきた感じです。これもデフレの影響なんでしょうね。。。

生で挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、さすがにNNは少数派。ボク、個人的には、ここ1年位、ほぼ全部NSのみ。

カワイイ子と安くエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より安く
確実に本番(基盤)させてくれる

カワイイ子に出会いたいって思いませんか?

だって、例えインターネット上の書きこみで「本番することが出来ちゃう」って噂されている嬢でも、

実のところ、一度プレイしてみないと、本番することが出来ちゃうのかはハッキリしていませんからね。

そうなってくると、風俗で本番出来ちゃう嬢を、あれこれ探すぐらいなら、出会い系とかを使ったほうが、「確実&安上がり」ってボクは思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女性とエッチ三昧

ボクはワクワクメールを主として活用しているんですが、コスト1〜2万円程で、駅近くで買い物している様な「普通の女の子」とエッチ出来ちゃうんです。

この間は可愛い系のパティシエ(21才)と会ってきたんですが、

一緒にお茶をしてからホテル行って「ナマ」で朝までエッチ漬け。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比べて良くありません?

すれた風俗嬢よりも、真面目な女性とのエッチするほうが一番興奮しますw

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

最近出会い系を活用していて感じるのは「ほんとカワイイ女性が多くなってきたなぁ〜」というようなこと。

景気が良くないせいで、

「風俗はしたくないでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才程の女性が無茶苦茶いるんです。

援交っていうとイメージが悪いですが、

ごはんおごってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=おこづかい)渡す

って彼女にすら同様のことするわけで、いたって普通のことですよね。

それなのに、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金を渋る人が多いみたいですが、

初めて会った時とかはお金をかけたほうが良いように思います。

何度かご飯行ったりして親しくなってくれば、いつの間にか「タダマン→セフレ」になっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

過去に、ご飯行ったりしてきた、女性に聞くと、

出会い系にいる男って「お小遣い支払うから生中で挿れさせろ」のように、対面する前のメッセージ=コミュニケーションの段階から、そのような様子の人ばかりみたいです。

そういう理由で、できるだけ紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげてみると良いですよ。

このやり方ならビックリするほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネット上で書き込みしてる人って、最初の経費を渋り過ぎです。

お金掛けずにエッチ出来るようになるのは、一番初めの壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと言えます。

また「写メ送って」って男も多いみたいです。

当然見せてくれる女性ならばいいですが、写メは駄目って女性多く見られます。

そんなケースの時は、とにかく一度会ってみることをお勧めします。

で、今一つタイプの女性じゃない場合は、キチンと断れば問題ないですし、

断りずらい場合、ひとまず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」って感じにして、帰れば、なんの差し支えありませんよ。

当然ボクはその様にしてます。

▼▼▼