すごいエステの店舗情報

店舗名 すごいエステ
業種 エステ
ジャンル オナクラ・手コキ/回春性感マッサージ/アロマエステ
最安値料金 60分 11,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS/その他(手数料15%)
住所
アクセス 名駅発 名古屋駅・納屋橋・栄、各所にて待ち合わせとなります。 ※名古屋市内のホテル・自宅出張もOK
営業時間 9:00-5:00
定休日 年中無休/その他(時間ギリギリ駆け込み大歓迎)
引用元 https://fuzoku.jp/sugoieste/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、すごいエステさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般割りかしちょいちょい使わせてもらっているのですが、

景気が良くないせいなのか、風俗全般的に、最近常連客をゲットする目的で、本番(基盤)可能な女性が増えてきたように思います。

alt=

僕、個人の感じだと、6割程の可能性で本番出来ちゃうという状態。

さらには、ゴム蟻以外に、ナマ挿入可って女性も非常に多くなったような気がします。これも不景気の影響なんでしょうね。。。

ナマ挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然NNは少なめ。僕、個人としては、ここ1年程、ほぼ全てNSばっかり。

可愛い子と安くエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対本番(基盤)可能な

可愛い子を見つけたいって思いません?

だって、いくらネット上の評判で「本番出来ちゃう」って言われている女性でも、

実際には、一回でもプレイしてみないと、本番出来るのかは判明しませんよね。

となると、風俗で本番することが出来ちゃう女性を、探し当てるより、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」と僕は思うようになりました。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

僕はワクワクメールをメインとして利用しているんですが、計1〜2万円くらいで、町中でお茶している様な「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この前はキレイ系の美容師(21才)と会ってきたんですが、

まず最初に食事をしてからホテルへ行き「ゴムなし」で朝までSEX三昧。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗より良くありません?

プロの嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXするほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

最近出会い系を使いながら感じるのは「ほんと可愛い女の子が増えたなぁ〜」というような事。

景気が良くないせいで、

「風俗はしたくないけど、おこづかいは欲しい」

って18〜23才くらいの女の子が驚くほど増えてます。

援交というとイメージが良くありませんが、

食事ごちそうしてからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=おこづかい)渡す

って彼女にすら同じ様なことするわけで、別に当たり前ですよね。

というのに、出会い系を利用している人って、タダマンを期待してお金をケチる人がほとんどですが、

最初はお金を使ったほうがスマートだと感じます。

2-3回エッチをして親密になってくると、おのずと「タダマン→セフレ」となっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

いままで、エッチをしてきた、女の子に話をきいてみると、

出会い系を利用している男って「お小遣い出すから生でさせろ」の様に、対面する直前のメッセージ=コミュニケーションの時から、そのような様子の人ばかりらしいです。

ですので、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげて下さい。

このようにすれば信じられないくらい会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上に書き込んでいる人って、初期経費をけちり過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでSEXできるようになるのは、一番初めの壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと思います。

また「写メ送って」って男も多いようです。

当然見せてくれる女の子ならばいいですが、写メは駄目って女の子多いです。

そんな時は、取りあえず1回会ってみると良いですよ。

で、それほどタイプの女の子でない場合は、ちゃんとお断りすればいいだけだし、

断りにくいのであれば、取り敢えず「お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰ってしまえば、ぜんぜん問題ありませんよ。

当然僕はそういう風にしてます。

▼▼▼