SM友の会の店舗情報

店舗名 SM友の会
業種 デリヘル
ジャンル SM/フェチ・マニア/奴隷・M女
最安値料金 90分 30,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 納屋橋発 ≪派遣可能エリア≫ 納屋橋/新栄/金山/中村区/西区/千種区/中区/名古屋市内 ※場所によって出張費がかかる場合がありますので、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい
営業時間 10:00-24:00
定休日 月曜日
引用元 https://fuzoku.jp/smtomonokai/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、SM友の会さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般割と何度も利用させて貰っているのですが、

景気が良くない為か、風俗全般的に、最近では顧客を増やすために、本番(基盤)させてくれる嬢が多くなってきたように感じます。

alt=

個人的な感覚だと、6割くらいの可能性で本番出来ちゃうという状態。

更に、ゴム蟻以外に、ナマOKの嬢も非常に増えてきたような気がします。これも不況のあおりなのかなって感じます。。。

ナマOKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、やっぱりNNは少数派。僕、個人としては、ここ1年くらい、ほぼ全部NSです。

可愛い子と低コストでSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
絶対に本番(基盤)させてくれる

可愛い子を探したいって思いませんか?

だって、いくらインターネットの体験談で「本番出来ちゃう」って噂されている嬢でも、

実際のところ、一回でもプレイしてみないと、本番出来ちゃうのかは判別できませんからね。

となると、風俗で本番出来る嬢を、探しだすぐらいなら、出会い系等を利用したほうが、「確実&安上がり」と僕は思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女の子とエッチ三昧

僕はワクワクメールをメインに使っているんですが、総額1〜2万円位で、駅近くをぶらぶらしている様な「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この前はキレイ系の保育士(21才)と会ってきたんですが、

まず最初にご飯食べてからホテルへ行き「ナマ」で朝までエッチ三昧。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗より良くないです?

仕事として割り切っている嬢よりも、真面目な女の子とのエッチしたほうがかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

ここ数年、出会い系を活用しながら気づくのは「メチャクチャ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」ってこと。

景気が良くないせいで、

「風俗でバイトしたくないでも、おこづかいは欲しい」

って18〜23才位の女の子がメチャメチャ増えてます。

援交っていうとイメージが良くないですが、

ごはん代を奢ってからエッチする
エッチして帰る時にタクシー代(=おこづかい)出す

って彼女にも同じようなことするわけで、いたって当然ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使っている人って、タダマンを期待してお金をケチる人がほとんどですが、

初対面のときはお金を使ったほうが良いんじゃないかと感じます。

数回食事行ったりして親しくなって来ると、自ずと「タダマン→セフレ」となっていきますんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

これまで、食事行ったりしてきた、女の子にきくと、

出会い系を使っている男って「おこづかいを払うから生でさせろ」等、対面する前のメッセージ=やり取りの段階から、そのような様子の人だらけみたいです。

そういう理由で、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えてみると良いですよ。

このようにすれば想像以上に会えるんでw

「出会い系では会えない」ってインターネットに書き込んでいる人って、最初のコストをケチり過ぎです。

お金かけずにエッチできるようになるのは、一番初めの壁を超えて、安心感を与えられる男だけだと言えます。

また「写メ見せろ」って男も多いみたいです。

もちろん見せてくれる女の子の場合は良いんですが、写メは無理って女の子結構いるのです。

そんな場合は、なにはともあれ1度会ってみると良いですよ。

で、あまり好みの女の子でなければ、ちゃんとお断りすれば問題ないですし、

断りにくい時は、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、これっぽっちも問題ないですよ。

もちろん僕はそういう風にしてます。

▼▼▼