名古屋の20代30代40代50代が集う人妻倶楽部の店舗情報

店舗名 名古屋の20代30代40代50代が集う人妻倶楽部
業種 デリヘル
ジャンル 人妻/熟女/お姉さん・キレイ系
最安値料金 70分 14,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX
住所
アクセス 納屋橋発 名古屋市内及びその他近郊エリア ホテル・自宅ともに派遣可能
営業時間 10:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/nhgrp/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、名古屋の20代30代40代50代が集う人妻倶楽部さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割りかしよく利用させてもらっているのですが、

不景気のからなのか、風俗全般的に、近頃では客をとるという目的で、本番(基盤)可能な風俗嬢が増えている感じがします。

alt=

個人の感覚でいえば、60%位の確率で本番行為OKという状態。

その上、ゴム蟻以外に、生挿入OKって風俗嬢もすごく増えてきた気がします。これも不況の影響かもしれません。。。

生挿入OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年位、十中八九NSばかり。

可愛い子と低コストでSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと低コストで
絶対に本番(基盤)可能な

可愛い子を探したいって思いません?

だって、どれだけインターネットの体験談で「本番行為OK」って言われている風俗嬢でも、

正直なところ、一度プレイしてみないと、本番OKなのかははっきりしていませんよね。

そうなると、風俗で本番出来ちゃう風俗嬢を、探し当てるぐらいなら、出会い系等を利用した方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、コスト1〜2万円位で、町中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この間はキレイ系の栄養士(21才)と会ってきたんですが、

一緒に喫茶店でお茶してからホテル行って「ゴムなし」で朝までエッチ漬け。

alt=
alt=
alt=

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗よりお得感ありません?

すれた風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのエッチしたほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

ここ数年、出会い系を利用しながら感じるのは「むちゃくちゃ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」って点。

不景気のせいで、

「風俗はしたくないでも、お金は欲しい」

って18〜23才位の女の子がメチャメチャ増えてます。

援交というと印象が良くないですが、

ご飯おごってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=お金)出す

って彼女にも同じようなことするわけで、いたって当然のことですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金を出し惜しむ人が多いようですが、

最初の頃はお金を掛けた方がスマートだと感じます。

数回エッチをして親しくなってくると、知らないうちに「タダマン→セフレ」になっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、エッチをしてきた、女の子に話を聞くと、

出会い系を利用している男って「おこづかい出すからナマで挿れさせろ」など、顔を合わせる直前のメッセージ=コミュニケーションのときから、そういったような感じの人ばかりみたいです。

なわけで、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてください。

そうすればいくらでも会えるんでw

「出会い系は会えない」ってインターネットに書き込んでいる人って、最初の費用をケチり過ぎなんだと思いますね。

お金掛けずにエッチ出来るようになるのは、最初のハードルを超えて、安心感を与えることが出来る男だけだと感じます。

また「写メ見せて」って男も多いと聞きます。

もちろん見せてくれる女の子の場合はいいですが、写メはダメって女の子たくさんいます。

そのようなケースの時は、まずは1度会ってみた方が良いです。

で、そんなに好みの女の子でなければ、しっかりと断れば問題ないですし、

断りずらい場合、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰れば、これっぽっちも問題ありませんよ。

もちろんぼくはそうやってます。

▼▼▼