もみもみおっぱいの店舗情報

店舗名 もみもみおっぱい
業種 デリヘル
ジャンル 巨乳・爆乳/お姉さん・キレイ系/フェチ・マニア
最安値料金 60分 13,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 名駅発 詳細エリアはお問い合わせ下さい
営業時間 17:00-8:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/momimomioppai/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、もみもみおっぱいさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」です。

ぼくは風俗全般わりと繰り返し使わせて貰っているわけですが、

不況のからなのか、風俗全般的に、近年はお客さんをゲットすることを目的に、本番(基盤)大丈夫って女性が当たり前になっているように感じます。

alt=

僕、個人のイメージで言えば、60%位の確率で本番出来るって感じ。

また、ゴム蟻は当然として、ナマで挿入OKの女性もすごく増えたように思います。これも不景気の影響なんだと思います。。。

ナマで挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、当然NNは少数派。ぼく、個人的には、ここ半年位、ほぼ全てNSのみ。

可愛い子と低コストで本番する為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
絶対に本番(基盤)できちゃう

可愛い子に会いたいって思いません?

だって、例えインターネットのクチコミで「本番出来る」って言われている女性でも、

正直なところ、一回でも遊んでみないと、本番出来ちゃうのかはハッキリしていませんからね。

ってなると、風俗で本番することが出来ちゃう女性を、探し当てるなんかより、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを主として利用しているんですが、計1〜2万円ぐらいで、町中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

先日は可愛い系の美容師(20才)と会ってきたんですが、

まず最初に喫茶店でお茶してからホテル行って「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くありません?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのセックスしたほうが間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかより安い

ここ数年、出会い系を使っていて感じるのは「マジ可愛い女の子が増えてきたなぁ〜」的なこと。

不況のせいで、

「風俗では働きたくないでも、お金は欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子がビックリするほど増えてます。

援交というとイメージがよくありませんが、

食事奢ってからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お金)出す

って彼女でも似た感じのことするわけで、いたって当然ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を利用している人って、タダマンを期待してお金をケチる人が多いようですが、

初めて会った時とかはお金を掛けたほうがスマートだと感じます。

2-3回SEXして仲良くなって来ると、知らないうちに「タダマン→セフレ」に変わって行くんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、SEXしてきた、女の子にきくと、

出会い系を使っている男って「金出すから生で挿れさせろ」のように、会う直前のメッセージ=やり取りの段階から、そんな感じの人だらけだそうです。

という訳で、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えて下さい。

そうすると思っている以上に会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってインターネットに書き込みしている人って、初期コストを渋り過ぎなんだと思いますね。

お金掛けずにセックスできるようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと感じます。

また「写メ見せろ」って男も多いようです。

当然送ってくれる女の子だと問題ないのですが、写メは駄目って女の子いっぱいいます。

そういったケースの時は、取りあえず1回会ってみるといいですよ。

で、そこまでタイプの女の子でなければ、しっかりとお断りすれば問題ないですし、

断りずらいのであれば、取り敢えず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」って感じにして、帰れば、全然差し支えありませんよ。

当然ぼくはそうやってます。

▼▼▼