東京シャトールージュの店舗情報

店舗名 東京シャトールージュ
業種 ヘルス
ジャンル マットプレイ/素人・未経験
最安値料金 45分 14,000円-
カード 利用不可
住所 愛知県名古屋市中村区那古野1-38-7桜橋ビル1F
アクセス 桜通線国際センター2番出口から徒歩3分 地下鉄「桜通線国際センター」2番出口より徒歩3分 ※無料駐車場完備
営業時間 11:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/chateaurauge/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、東京シャトールージュさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般比較的よく使わせてもらっているわけですが、

不況の為か、風俗全般的に、このごろ、顧客を取る為に、本番(基盤)することができる女の子が増えてきているように思います。

alt=

個人的な印象で言うと、60%ぐらいの確率で本番出来るという感じ。

しかも、ゴム蟻だけじゃなく、生OKって女の子もかなり増えてきた気がします。これもデフレの影響なのかなって感じます。。。

生OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やはりNNは少数派。僕、個人としては、ここ半年ぐらい、ほぼ全部NSです。

可愛い子と安くエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対本番(基盤)出来ちゃう

可愛い子に会いたいって思いません?

だって、いくらインターネットの評判で「本番出来る」って噂されている女の子でも、

正直なところ、一回でも指名してみないと、本番(基盤)OKなのかははっきりしていませんよね。

となると、風俗で本番することが出来ちゃう女の子を、探し回るなんかより、出会い系とかを使ったほうが、「確実&安上がり」と僕は思うようになってきました。

▼▼▼

真面目な女の子とセックス三昧

僕はワクワクメールを重点的に利用しているんですが、計1〜2万円ぐらいで、町中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とセックスできちゃうんです。

先日は可愛い系のキャバ嬢(21才)と会ってきたんですが、

まず最初にカフェでお茶してからホテルで「ナマ」で朝までセックスさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くありません?

すれた風俗嬢よりも、真面目な女の子とのセックスする方がめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかより安い

ここ数年、出会い系を活用しながら気づくのは「マジ可愛い女の子が多くなってきたなぁ〜」的な事。

不況のせいで、

「風俗はやだけど、おこづかいはほしい」

って18〜23才ぐらいの女の子がむちゃくちゃいます。

援交というと印象がよくないですが、

食事代をおごってからセックスする
セックスして帰りにタクシー代(=おこづかい)出す

って彼女にも同じようなことするわけで、別に当然のことですよね。

なのに、出会い系を利用している人って、タダマンを当てにしてお金をケチる人がほとんどですが、

初対面のときはお金をかけたほうが良いように思います。

2-3回会って親しくなってきたら、知らないうちに「タダマン→セフレ」に変わって行きますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

今まで、会ってきた、女の子に話をきいてみると、

出会い系を利用している男って「おこづかいを支払うから生でさせろ」など、顔を合わせる前のメッセージ=コミュニケーションの段階から、そんな印象の人が多いとのことです。

なので、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

そうすればビックリするほど会えるんでw

「出会い系では会えない」ってインターネットで書き込んでいる人って、最初の費用を出し惜しみ過ぎなんだと思いますね。

出費なくセックス出来るようになるのは、最初の壁を乗り越えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ見せて」って男も多いようです。

もちろん見せてくれる女の子であればOKなのですが、写メは無理って女の子相当いるのです。

そんな場合は、ともかく1回会ってみることをおすすめします。

で、そんなにタイプの女の子じゃない場合は、キチンとお断りすればいいだけですし、

断りにくい場合、取り敢えず「今日は顔合わせがてら、お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰ってしまえば、これっぽっちも差し支えありませんよ。

もちろん僕はそうしてます。

▼▼▼