妖精の店舗情報

店舗名 妖精
業種 ヘルス
ジャンル ギャル/ロリ・妹系
最安値料金 45分 14,000円-
カード 利用不可
住所 愛知県名古屋市中村区那古野1丁目40番11号
アクセス 地下鉄桜通線国際センター駅から徒歩2分 地下鉄桜通線『国際センター駅』A番出口より徒歩2分 わからない場合は電話にて確認してください
営業時間 11:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/youseinagoya/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、妖精さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

どうも、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般比較的繰り返し使わせてもらっているんですが、

景気が良くないためなのか、風俗全般的に、近年、客を増やすことを目的に、本番(基盤)することが可能な女性が多くなってきた感じがします。

alt=

僕、個人の感覚で言うと、6割ぐらいの確率で本番行為OKって感じ。

さらには、ゴム蟻は当然として、生で挿れさせてくれる女性も非常に増えた気がします。これも不況のあおりなんでしょうね。。。

生で挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、さすがにNNは少数派。ぼく、個人としては、ここ半年ぐらい、殆どNSばっかり。

カワイイ子とお金を掛けずに本番するには

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
確実に本番(基盤)できる

カワイイ子に出会いたいって思いません?

だって、例えネットのクチコミで「本番行為OK」って言われている女性でも、

実際には、一回でも遊んでみないと、本番出来るのかは判別できません。。。

そうなってくると、風俗で本番(基盤)OKの女性を、あれこれ探すより、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」とぼくは思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女の子とセックス三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に活用しているんですが、総額1〜2万円位で、駅近くを歩いているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

先日は可愛い系の看護婦(21才)と会ってきたんですが、

一緒にお茶をしてからホテル行って「ナマ」で朝までセックス三昧。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比べて良くありません?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのセックスのほうがかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を利用していて感じるのは「もの凄くカワイイ女の子が増えたなぁ〜」って事。

景気が良くないせいで、

「風俗ではバイトしたくないでも、お小遣いは欲しい」

って18〜23才位の女の子がメチャクチャ増えてきています。

援交っていうと印象がよくありませんが、

食事ごちそうしてからセックスする
セックスして帰るときにタクシー代(=お小遣い)出す

って彼女にすら同じようなことするわけで、別に当たり前の事ですよね。

というのに、出会い系を活用している人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が多いみたいですが、

最初の頃はお金をかけた方がスムーズだと思います。

2-3回お茶したりして仲良くなって来れば、いつの間にか「タダマン→セフレ」に変わって行きますんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

これまで、お茶したりしてきた、女の子にきいてみると、

出会い系を使っている男って「金支払うから中出しさせろ」の様に、顔を合わせる直前のメッセージ=やり取りの段階から、そういったような感じの人が殆どみたいです。

というわけで、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

そうすることで想像以上に会えるんでw

「出会い系では会えない」ってネットに書き込んでいる人って、最初のコストをけちり過ぎなんだと思いますね。

お金かけずにセックス出来るようになるのは、最初の壁を越えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ送って」って男も多いみたいです。

当然見せてくれる女の子の場合はいいですが、写メはダメって女の子たくさんいます。

そのような時は、なにはともあれ1度会ってみると良いですよ。

で、そこまで好みの女の子でなければ、しっかりと断ればいいだけですし、

断りずらい時は、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰れば、何の大丈夫ですよ。

当然ぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼