e.com(イードットコム)の店舗情報

店舗名 e.com(イードットコム)
業種 ヘルス
ジャンル コスプレ・イメクラ/フェチ・マニア
最安値料金 45分 14,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所 愛知県名古屋市中村区名駅南1-2-5
アクセス 近鉄名古屋駅から車で5分 詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。
営業時間 10:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/edcom/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、e.com(イードットコム)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般わりと何度も使わせてもらっているのですが、

景気が悪いせいなのか、風俗全般的に、近頃は顧客を増やすことを目的に、本番(基盤)OKって女性が増えているように感じます。

alt=

個人的な感覚だと、70%ぐらいの確率で本番することが出来ちゃうという感じ。

その上、ゴム蟻は当たり前として、生で挿れさせてくれる女性もとても増えた感じです。これも不景気のあおりかもしれません。。。

生で挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やはりNNは少数派。僕、個人的には、ここ半年ぐらい、ほぼすべてNSばかり。

可愛い子とお金を掛けずにエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対本番(基盤)できちゃう

可愛い子を探したいって思いません?

だって、いくらネット上の評判で「本番することが出来ちゃう」って言われている女性でも、

実のところ、一回遊んでみないと、本番出来ちゃうのかは判明しませんよね。

ってなると、風俗で本番出来る女性を、あれこれ探すぐらいなら、出会い系とかを利用した方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになりました。

▼▼▼

普通の女の子とセックス三昧

僕はワクワクメールを主として使っているんですが、合計1〜2万円程で、街中をぶらぶらしているような「普通の女の子」とセックス出来ちゃうんです。

ちょっと前にロリ系の女子大生(20才)と会ってきたんですが、

最初に喫茶店でお茶してからホテルに行き「」で朝までセックス漬け。

alt=
alt=
alt=

かかったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較して良くないです?

プロの風俗嬢よりも、普通の女の子とのセックスするほうが一番興奮しますw

▼▼▼

風俗ぐらいなら安い

最近出会い系を利用していて気づくのは「マジ可愛い女の子が増えたなぁ〜」というようなこと。

景気が悪いせいで、

「風俗で働きたくないでも、お小遣いはほしい」

って18〜23才程の女の子がビックリするほどいるんですよ。

援交っていうとイメージが良くないですが、

ご飯代を奢ってからセックスする
セックスして帰りにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人でも同じようなことするわけで、別に当然ですよね。

それにもかかわらず、出会い系を使っている人って、タダマンを当てにしてお金を出し惜しむ人が多いですが、

初対面のときはお金を使った方が良いように思います。

2-3回お茶したりして親密になって来ると、どういうわけか「タダマン→セフレ」になって行きますんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

いままで、お茶したりしてきた、女の子に話を聞いてみると、

出会い系にいる男って「お小遣いを支払うから中出しさせろ」のように、顔を合わせる前のメッセージ=交渉から、そんな感じの人ばかりとのことです。

なわけで、多少無理してでも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてみると良いですよ。

このようにすれば想像以上に会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってネット上で書き込んでいる人って、最初の費用を出し惜しみ過ぎです。

出費なくセックスできるようになるのは、一番初めの壁を乗り越えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男も多いと聞きます。

勿論見せてくれる女の子だとしたら良いんですが、写メはNGって女の子相当いるのです。

そのようなケースの時は、まずは1度会ってみたらいいと思います。

で、それほどタイプの女の子でなければ、しっかりと断れば良いだけですし、

断りずらい時は、ひとまず「今日は軽くお茶だけにしましょうか」みたいな感じにして、帰れば、何の大丈夫ですよ。

勿論僕はそうやってます。

▼▼▼