Delicious(デリシャス)の店舗情報

店舗名 Delicious(デリシャス)
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/ロリ・妹系/OL・秘書
最安値料金 60分 16,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/DINERS
住所
アクセス 春日井発 名古屋市/春日井市/長久手市/海部郡/蟹江/弥富/小牧/一宮/三河地区 の貴方へ。お好きなホテル・自宅にお伺い致します!お電話下さい
営業時間 14:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/deliciousgals/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、Delicious(デリシャス)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割りかし頻繁に使わせてもらっているのですが、

不景気のからか、風俗全般的に、近年、客をとるために、本番(基盤)出来る風俗嬢が普通になってきている感じがします。

alt=

個人の印象だと、60%ぐらいの可能性で本番させてくれるって感じ。

更に、ゴム蟻だけじゃなく、生挿入可って風俗嬢も結構多くなった気がします。これもデフレのあおりかもしれませんね。。。

生挿入可って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、当然のことながらNNは少なめ。ぼく、個人としては、ここ1年ぐらい、ほぼ全てNSばかり。

かわいい子とお金を掛けずにエッチするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
100パーセント本番(基盤)できる

かわいい子を探したいって思いません?

だって、どれだけネット上のクチコミで「本番させてくれる」って言われている風俗嬢でも、

正直なところ、一回遊んでみないと、真偽の程はハッキリしていませんよね。

そうなると、風俗で本番行為OKの風俗嬢を、探しあてるなんかより、出会い系とかを利用した方が、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになりました。

▼▼▼

普通の女性とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、計1〜2万円くらいで、街中をぶらぶらしている様な「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この前は可愛い系の一般事務員(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にカフェでお茶してからホテルへ行き「」で朝までエッチ漬け。

alt=
alt=
alt=

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べて良くないです?

すれた風俗嬢よりも、普通の女性とのエッチした方が間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかより安い

近頃出会い系を使っていて気がつくのは「もの凄くかわいい女性が増えてきたなぁ〜」って点。

不景気のせいで、

「風俗はしたくないけど、おこづかいはほしい」

って18〜23才くらいの女性がメチャメチャ増えてます。

援交というとイメージが良くありませんが、

ごはんおごってからエッチする
エッチして帰るときにタクシー代(=おこづかい)渡す

って恋人にも似たようなことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

それにも関わらず、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人が多いようですが、

初めて会った時とかはお金を使った方がスムーズだと感じます。

2-3回顔を合わして親しくなってくると、おのずと「タダマン→セフレ」になって行きますんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

これまで、顔を合わしてきた、女性に聞くと、

出会い系を使っている男って「お金を出すから生中で挿れさせろ」のように、顔を合わせる前のメールなど=コミュニケーションから、そんな感じの人がほとんどだそうです。

ですので、できるだけ紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えて下さい。

このやり方なら恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系なんて会えない」ってネット上に書き込んでいる人って、初期コストを渋り過ぎなのに気づいてないですよね。

出費なくエッチできるようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと思います。

また「写メ見せろ」って男も多いみたいです。

当然送ってくれる女性だとしたら良いのですが、写メはNGって女性多く見られます。

そんなケースの時は、まずは1度会ってみることをおすすめします。

で、あまり好みの女性でなければ、きちんとお断りすればいいだけですし、

断りにくいのであれば、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、ぜんぜん問題はありませんよ。

当然ぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼