Secret Service(シークレットサービス)の店舗情報

店舗名 Secret Service(シークレットサービス)
業種 デリヘル
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/巨乳・爆乳
最安値料金 40分 7,000円-
カード VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS
住所
アクセス 刈谷発 詳細につきましてはお問合せ下さい
営業時間 9:00-5:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/1secretservice1/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、Secret Service(シークレットサービス)さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

僕は風俗全般わりと何回も利用させてもらっているのですが、

景気が悪いためか、風俗全般的に、近頃、お客をゲットすることを目的に、本番(基盤)できちゃう女の子が増えてきたように感じます。

alt=

個人的なイメージで言うと、70%ぐらいの可能性で本番させてくれるってな感じ。

しかも、ゴム蟻以外に、生で挿入OKの女の子も非常に増えてきた感じです。これもデフレの影響かもしれません。。。

生で挿入OKの場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やはりNNは少数派。僕、個人的には、ここ半年ぐらい、ほぼ全てNSだけ。

可愛い子とお金を掛けずに本番する為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっとお金を掛けずに
100パーセント本番(基盤)できる

可愛い子に出会いたいって思いません?

だって、例えネット上の体験談で「本番させてくれる」って噂されている女の子でも、

実のところ、一回プレイしてみないと、本番することが可能なのかは判明しません。。。

そうなってくると、風俗で本番(基盤)OKの女の子を、探し出すより、出会い系等を使った方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

僕はワクワクメールを重点的に使っているんですが、計1〜2万円くらいで、駅近くを歩いているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この間は可愛い系の家事手伝い(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にお茶をしてからホテル行って「」で朝までSEX三昧。

alt=
alt=
alt=

掛かったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べて良くないです?

プロの風俗嬢よりも、普通の女性とのSEXした方がかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を使いながら気づくのは「マジ可愛い女性が多くなってきたなぁ〜」的な点。

景気が悪いせいで、

「風俗はいやだけど、おこづかいは欲しい」

って18〜23才くらいの女性がメチャメチャいるんですよ。

援交というと印象が良くないですが、

ごはんおごってからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=おこづかい)出す

って恋人にも同じようなことするわけで、別に普通のことですよね。

それにも関わらず、出会い系を使っている人って、タダマンを当てにしてお金をけちる人が殆どですが、

最初はお金を掛けた方がスマートだと思います。

何度かSEXして親しくなってくると、どういうわけか「タダマン→セフレ」となっていきますんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

今まで、SEXしてきた、女性に話を聞くと、

出会い系を利用している男って「金出すから生で挿れさせろ」等、会う前のメッセージ=やりとりのときから、そんな印象の人が多いだそうです。

という訳で、是非とも紳士的に振る舞って、女性を安心感を与えて下さい。

このやり方なら想像以上に会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上に書き込んでいる人って、初期コストをけちり過ぎです。

お金掛けずにSEX出来るようになるのは、最初のハードルを越えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男も多いと聞きます。

普通に送ってくれる女性だと良いんですが、写メはNGって女性いっぱいいます。

そういったケースの時は、取り敢えず一度会ってみることをお勧めします。

で、今一つタイプの女性じゃなければ、丁寧に断れば良いだけですし、

断りずらい時は、まずは「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰宅すれば、全然差し支えありませんよ。

普通に僕はそういう風にしてます。

▼▼▼