プリティーウーマンの店舗情報

店舗名 プリティーウーマン
業種 ヘルス
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系
最安値料金 40分 7,000円-
カード VISA/MASTER/JCB
住所 愛知県刈谷市桜町1丁目54番地
アクセス JR刈谷駅から徒歩1分 JR刈谷駅より徒歩1分
営業時間 10:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/prettyw/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、プリティーウーマンさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ぼくは風俗全般割と何回も利用させて貰っているわけですが、

不況のためか、風俗全般的に、このごろ、リピーターを獲得する目的で、本番(基盤)できちゃう女の子が普通になっている感じがします。

alt=

僕の感じで言うと、6割くらいの確率で本番(基盤)OKってな感じ。

また、ゴム蟻は当然として、ナマで挿入OKって女の子もとても多くなったように思います。これも不景気のあおりかもしれませんね。。。

ナマで挿入OKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、さすがにNNは少なめ。ぼく、個人的には、ここ1年くらい、殆どNSばっかり。

可愛い子と安く本番する為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
確実に本番(基盤)することができる

可愛い子に出会いたいって思いません?

だって、どれだけインターネット上の体験談で「本番(基盤)OK」って噂されている女の子でも、

実のところ、一回でも入ってみないと、ホントかウソかはハッキリしていませんからね。

そうなると、風俗で本番OKの女の子を、探し当てるなんかよりも、出会い系などを使ったほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

ぼくはワクワクメールを主として使用しているんですが、総額1〜2万円ぐらいで、駅近くをぶらぶらしている様な「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

ちょっと前にカワイイ系のセラピスト(20才)と会ってきたんですが、

まず最初にカフェでお茶してからホテルに行き「ナマ」で朝までSEXさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くないです?

プロの風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXした方がかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

ここ数年、出会い系を使っていて感じるのは「ほんと可愛い女の子が増えたなぁ〜」というような事。

不況のせいで、

「風俗で働きたくないでも、お金は欲しい」

って18〜23才ぐらいの女の子がメチャクチャいます。

援交っていうと印象が悪いですが、

食事おごってからSEXする
SEXして帰る時にタクシー代(=お金)出す

って彼女にすら同じようなことするわけで、別に普通の事ですよね。

にも関わらず、出会い系を使用している人って、タダマンをあてにしてお金をケチる人が多いみたいですが、

初めはお金をかけたほうが良いんじゃないかと思います。

数回ご飯行ったりして親密になってきたら、知らないうちに「タダマン→セフレ」に変わっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

今まで、ご飯行ったりしてきた、女の子に聞くと、

出会い系を使っている男性って「おこづかい支払うからナマでさせろ」等、対面する直前のメッセージ=コミュニケーションの時から、そんな印象の人がほとんどだそうです。

そういう理由で、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげて下さい。

このようにすれば思っている以上に会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初の経費をケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでSEXできるようになるのは、一番初めのハードルを乗り越えて、安心感を与えられる男性だけだと言えます。

また「写メ送れ」って男性も多いみたいです。

当然送ってくれる女の子の場合はオーケーなのですが、写メはダメって女の子多いです。

そのような場合は、ともかく1回会ってみた方がいいですね。

で、あんまりタイプの女の子でない場合は、キチンと断れば問題ないですし、

断りにくいのであれば、まずは「お茶でも行きましょう」ってな感じにして、帰っちゃえば、なんの問題はありませんよ。

当然ぼくはそのようにしてます。

▼▼▼