一宮稲沢小牧ちゃんこの店舗情報

店舗名 一宮稲沢小牧ちゃんこ
業種 デリヘル
ジャンル ぽっちゃり・デブ専/巨乳・爆乳/フェチ・マニア
最安値料金 70分 7,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 一宮発 一宮IC周辺ホテル お好きなホテル・自宅からお電話下さい。
営業時間 11:00-2:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/love19chanko/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、一宮稲沢小牧ちゃんこさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割と何度も利用させて貰っているんですが、

不況の為か、風俗全般的に、このごろ、客を獲得することを目的に、本番(基盤)することが可能な女の子が当たり前になってきているように思います。

alt=

個人の印象だと、7割程の可能性で本番させてくれるという感じ。

その上、ゴム蟻だけじゃなく、ナマ挿入でも大丈夫って女の子も非常に多くなってきた感じです。これも不況の影響なんだと思います。。。

ナマ挿入でも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)に分かれますが、やっぱりNNは少なめ。ぼく、個人としては、ここ半年程、ほぼすべてNSのみ。

可愛い子と低コストでSEXする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

より低コストで
絶対本番(基盤)することができる

可愛い子を探したいって思いません?

だって、例えインターネット上の書きこみで「本番させてくれる」って言われている女の子でも、

実際のところ、一度入ってみないと、本番できるのかははっきりしていません。。。

そうなってくると、風俗で本番行為OKの女の子を、あれこれ探すより、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」とぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

普通の女性とSEX三昧

ぼくはワクワクメールを重点的に使用しているんですが、コスト1〜2万円くらいで、駅近くでお茶しているような「普通の女の子」とSEX出来ちゃうんです。

この間はカワイイ系のモデルの卵(21才)と会ってきたんですが、

一緒に喫茶店でお茶してからホテル行って「ナマ」で朝までSEX三昧。

alt=
alt=
alt=

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円くらい。

風俗と比べて良くないです?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、普通の女性とのSEXのほうがめちゃくちゃ興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

近頃出会い系を活用していて気がつくのは「メチャクチャ可愛い女性が増えてきたなぁ〜」というような点。

不況のせいで、

「風俗で働きたくないでも、お金はほしい」

って18〜23才くらいの女性がアホほど増えてきています。

援交というとイメージがよくありませんが、

食事代をおごってからSEXする
SEXして帰りにタクシー代(=お金)出す

って恋人でもよく似たことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

にも関わらず、出会い系を使用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人が多いようですが、

初対面のときはお金を掛けたほうがスムーズだと感じます。

何回か会って仲良くなって来ると、いつの間にか「タダマン→セフレ」となっていくんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、会ってきた、女性に話を聞いてみると、

出会い系を利用している男の人って「お金出すから生中で挿れさせろ」みたいに、会う前のメッセージ=やり取りから、そんな印象の人がほとんどみたいです。

というわけで、できるだけ紳士的に振る舞って、女性を安心させてあげてみることをお薦めします。

そうすればビックリするほど会えるんでw

「出会い系なんてサクラばかり」ってインターネット上に書き込んでいる人って、初期コストを渋り過ぎです。

お金かけずにSEXできるようになるのは、最初のハードルを乗り越えて、安心感を与えられる男の人だけだと感じます。

また「写メ見せろ」って男の人も多いみたいです。

当然見せてくれる女性だとしたら良いのですが、写メはダメって女性いっぱいいます。

そのような場合は、取り敢えず一回会ってみた方が良いです。

で、今一つ好みの女性でなければ、丁寧に断ればいいだけだし、

断りずらい場合、最初は「お茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰っちゃえば、なんの問題はありませんよ。

当然ぼくはそのようにしてます。

▼▼▼