ナースです!の店舗情報

店舗名 ナースです!
業種 ヘルス
ジャンル 素人・未経験/お姉さん・キレイ系/ナース・女医
最安値料金 30分 8,000円-
カード 利用不可
住所 愛知県一宮市泉2丁目10番17号
アクセス JR尾張一宮駅名鉄一宮駅から徒歩10分 JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅より徒歩10分
営業時間 10:00-24:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/ailovedoll/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、ナースです!さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般わりと頻繁に利用させて貰っているのですが、

不況のためか、風俗全般的に、このごろ、リピーターをゲットするために、本番(基盤)することができる風俗嬢が普通になってきている気がします。

alt=

僕、個人的な感覚で言うと、60-70%くらいの可能性で本番させてくれるという感じ。

さらには、ゴム蟻の他に、ナマでも大丈夫って風俗嬢もすごく多くなってきた気がします。これも不景気の影響かもしれませんね。。。

ナマでも大丈夫って場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やはりNNは少数派。僕、個人としては、ここ半年くらい、ほぼ全部NSのみ。

カワイイ子と安く本番するために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
100%本番(基盤)させてくれる

カワイイ子を探したいって思いません?

だって、仮にインターネットの体験談で「本番させてくれる」って噂されている風俗嬢でも、

正直なところ、一回でも遊んでみないと、真偽の程ははっきりしていませんよね。

そうなってくると、風俗で本番することが出来ちゃう風俗嬢を、探し回るよりも、出会い系とかを使った方が、「確実&安上がり」と僕は思うようになったのです。

▼▼▼

普通の女の子とSEX三昧

僕はワクワクメールをメインとして使用しているんですが、総額1〜2万円位で、その辺で買い物している様な「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

先日はカワイイ系の看護婦(21才)と会ってきたんですが、

軽く食事をしてからホテルに行き「ナマ」で朝までSEX三昧。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比べてお得感ありません?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、普通の女の子とのSEXの方がかなり興奮しますw

▼▼▼

風俗よりも安い

最近出会い系を使っていて気がつくのは「メチャクチャカワイイ女の子が増えてきたなぁ〜」という事。

不況のせいで、

「風俗はやだでも、お金は欲しい」

って18〜23才位の女の子がビックリするほどいるんです。

援交っていうと印象が悪いですが、

ご飯ごちそうしてからSEXする
SEXして帰る時にタクシー代(=お金)渡す

って彼女にすら似た感じのことするわけで、いたって当たり前ですよね。

にも関わらず、出会い系を使用している人って、タダマンをあてにしてお金を渋る人が多いみたいですが、

初めて会った時とかはお金を使った方がスマートだと思います。

数回顔を合わして親密になって来れば、自然と「タダマン→セフレ」になっていきますんでご安心を。

alt=

とにかく紳士的に

今まで、顔を合わしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系を使っている男性って「おこづかいを支払うからナマでさせろ」とか、対面する直前のメールなど=やりとりの段階から、そのような様子の人だらけらしいです。

なので、是非とも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてください。

このようにすれば恐ろしいほど会えるんでw

「出会い系では会えない」ってインターネットに書き込みしている人って、初期経費をケチり過ぎなのに気づいてないですよね。

タダでSEX出来るようになるのは、一番初めの壁を越えて、安心感を与えられる男性だけだと思っています。

また「写メ送って」って男性も多いと聞きます。

もちろん送ってくれる女の子の場合はOKなのですが、写メはダメって女の子多く見られます。

そういった時は、とりあえず1回会ってみた方がいいですね。

で、いまひとつタイプの女の子じゃなければ、きちんとお断りすればいいだけですし、

断りずらい場合、まずは「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰っちゃえば、なんの差し支えありませんよ。

もちろん僕はそうやってます。

▼▼▼