学生がキャッシングする時の審査基準・条件とは?

学生はキャッシングを利用しにくいと言われることもあるのですが、これはキャッシングのサービスの貸付条件に一致しにくいと考えれば良いでしょう。では、具体的にはどのような点が一致しにくいのでしょうか。その一つが年齢制限です。

 

多くの金融機関では20才以上であることが条件の一つとなっています。法律上、未成年は契約を結ぶときに親権者の同意が必要となります。20才未満でも利用できるキャッシングのサービスもありますが、この場合には親の同意書が必要になるケースが多いです。

 

この分だけ手続きは面倒になることは避けられません。大手の金融機関のサービスを見ていると、たいていは20才以上となっています。ですから、まず年齢制限の条件を満たすことが必要となります。

 

ほかにも収入に関する条件があります。もしも全く収入がない場合には、返済をするのは困難です。返済する当てがないのですから、これは当然のことだと言えるでしょう。そのため、たいていの金融機関では貸付条件として、安定した収入があることや、継続して収入を見込めることなどが付加されています。

 

学生であってもアルバイトをしていれば安定した収入を得られるでしょうし、継続して収入を見込めるでしょう。このような場合にはキャッシングを利用できるケースが多いです。しかし、仕送りだけで生活をしている人の場合には、それを収入として認めてもらえない場合も多いですから、借りることができないと考えておいた方が良いです。