miu.miuの店舗情報

店舗名 miu.miu
業種 エステ
ジャンル 回春性感マッサージ/お姉さん・キレイ系/素人・未経験
最安値料金 80分 16,000円-
カード VISA/JCB/AMEX
住所
アクセス 安城発 【派遣エリア】 安城/刈谷/知立/豐田/大府/半田/知多/その他 ※詳細はお問い合わせ下さい
営業時間 13:00-3:00
定休日 水曜日
引用元 https://fuzoku.jp/miumiu2487/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、miu.miuさんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

はじめまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

ぼくは風俗全般割りかし何回も利用させて貰っているんですが、

不況のからか、風俗全般的に、ここ数年、お客を作るという目的で、本番(基盤)できちゃう女の子が多くなってきた感じがします。

alt=

個人の感覚でいえば、60-70%くらいの可能性で本番することが可能って感じ。

さらには、ゴム蟻以外に、ナマで挿れさせてくれる女の子も凄く増えてきた印象です。これも不景気のあおりなのかなって感じます。。。

ナマで挿れさせてくれる場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、やっぱりNNは少数派。ぼく、個人的には、ここ1年くらい、ほぼ全てNSのみ。

可愛い子と安くSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対本番(基盤)することが可能な

可愛い子に出会いたいって思いません?

だって、どれだけネットの体験談で「本番することが可能」って噂されている女の子でも、

実際のところ、一回遊んでみないと、本番することが出来ちゃうのかははっきりしていませんからね。

そうなると、風俗で本番出来る女の子を、探しだすより、出会い系等を利用したほうが、「確実&安上がり」ってぼくは思うようになってきました。

▼▼▼

擦れてない女の子とエッチ三昧

ぼくはワクワクメールをメインに利用しているんですが、計1〜2万円程で、駅近くで買い物しているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この間はカワイイ系の看護婦(20才)と会ってきたんですが、

一緒にカフェでお茶してからホテルで「ナマ」で朝までエッチさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

支払ったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円程。

風俗と比較して良くありません?

すれた嬢よりも、擦れてない女の子とのエッチのほうが断然興奮しますw

▼▼▼

風俗より安い

ここ数年、出会い系を利用していて気づくのは「ほんと可愛い女の子が多くなったなぁ〜」というような点。

不況のせいで、

「風俗はいやだけど、お小遣いはほしい」

って18〜23才程の女の子がむちゃくちゃいるんですよ。

援交っていうとイメージが良くないですが、

食事ごちそうしてからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=お小遣い)出す

って恋人にすら似た感じのことするわけで、別に普通のことですよね。

それなのに、出会い系を利用している人って、タダマンを期待してお金を渋る人がほとんどですが、

初対面のときはお金を使ったほうが良いように思います。

2-3回ご飯行ったりして親しくなって来れば、知らないうちに「タダマン→セフレ」となっていきますんでご安心を。

alt=

特に紳士的に

いままで、ご飯行ったりしてきた、女の子に話を聞いてみると、

出会い系を利用している男って「お小遣い払うから生で挿れさせろ」みたいに、会う直前のメッセージ=コミュニケーションの段階で、そんな印象の人ばかりとのことです。

というわけで、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心させてください。

このようにすれば驚くほど会えるんでw

「出会い系はサクラばかり」ってネットに書き込んでいる人って、初期コストを出し惜しみ過ぎなんだと思いますね。

出費なくエッチできるようになるのは、一番初めのハードルを超えて、安心感を与えられる男だけだと考えられます。

また「写メ送れ」って男も多いと聞きます。

当然見せてくれる女の子だといいですが、写メは駄目って女の子多く見られます。

そういった場合は、取りあえず一度会ってみることをオススメします。

で、それほどタイプの女の子でなければ、ちゃんと断れば良いだけですし、

断りずらい時は、最初は「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰宅すれば、なんの問題ありませんよ。

当然ぼくはそういう風にしてます。

▼▼▼