熟女専門 やすらぎ夫人 安城店の店舗情報

店舗名 熟女専門 やすらぎ夫人 安城店
業種 デリヘル
ジャンル 人妻/熟女
最安値料金 80分 15,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 安城発 安城周辺
営業時間 10:00-0:00
定休日 年中無休
引用元 https://fuzoku.jp/yasuragi/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、熟女専門 やすらぎ夫人 安城店さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

こんにちは、風俗大好き人間「ミノル」と申します。

ボクは風俗全般わりと頻繁に使わせて貰っているのですが、

不況のからなのか、風俗全般的に、この何年かで、顧客をゲットするという目的で、本番(基盤)できる女性が当たり前になってきた気がします。

alt=

僕の感覚で言うと、60-70%ぐらいの確率で本番させてくれるってな感じ。

更に、ゴム蟻は当然として、ナマOKって女性もすごく多くなった感じがします。これも不況の影響なのかなって感じます。。。

ナマOKって場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどっちかですが、もちろんNNは少なめ。ボク、個人としては、ここ1年ぐらい、殆どNSばっかり。

かわいい子とお金を掛けずにSEXするために

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

よりお金を掛けずに
絶対に本番(基盤)出来る

かわいい子を探したいって思いませんか?

だって、仮にインターネット上の体験談で「本番させてくれる」って言われている女性でも、

実のところ、一度遊んでみないと、本番できるのかは判明しませんよね。

そうなると、風俗で本番出来ちゃう女性を、探し回るなんかよりも、出会い系等を使ったほうが、「確実&安上がり」ってボクは思うようになりました。

▼▼▼

擦れてない女の子とエッチ三昧

ボクはワクワクメールをメインに利用しているんですが、コスト1〜2万円位で、駅近くをぶらぶらしているような「普通の女の子」とエッチできちゃうんです。

この前は可愛い系のスポーツインストラクター(19才)と会ってきたんですが、

最初にカフェでお茶してからホテルに行き「ゴムなし」で朝までエッチさせてくれました。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円位。

風俗と比較してお得感ありません?

仕事として割り切っている風俗嬢よりも、擦れてない女の子とのエッチした方が間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗なんかよりも安い

近頃出会い系を使いながら感じるのは「むちゃくちゃかわいい女の子が増えたなぁ〜」的な点。

不況のせいで、

「風俗ではバイトしたくないけど、おこづかいは欲しい」

って18〜23才位の女の子が無茶苦茶いるんですよ。

援交っていうと印象が悪いですが、

ごはんおごってからエッチする
エッチして帰りにタクシー代(=おこづかい)渡す

って恋人にも同じ様なことするわけで、いたって当たり前ですよね。

それなのに、出会い系を利用している人って、タダマンをあてにしてお金を出し惜しむ人がほとんどですが、

最初の頃はお金を掛けたほうがスマートだと感じます。

何度かご飯行ったりして仲良くなってきたら、自然と「タダマン→セフレ」となって行きますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

これまで、ご飯行ったりしてきた、女の子に聞いてみると、

出会い系に登録している男って「金払うからナマで挿れさせろ」のように、会う直前のメッセージ=やりとりから、そんな印象の人ばかりとのことです。

そういう理由で、ぜひとも紳士的に振る舞って、女の子を安心感を与えて下さい。

そうすることで信じられないくらい会えるんでw

「出会い系では会えない」ってインターネット上に書き込んでいる人って、最初の経費を出し惜しみ過ぎなのに気づいてないですよね。

出費なくエッチできるようになるのは、一番初めの壁を乗り越えて、安心感を与えることが出来る男だけだと思います。

また「写メ見せて」って男も多いみたいです。

普通に見せてくれる女の子の場合はいいんですが、写メは不可って女の子結構いるのです。

そんなケースの時は、まずは一回会ってみた方が良いですね。

で、今一つ好みの女の子でない場合は、きちんとお断りすれば良いだけですし、

断りずらい時は、取り敢えず「軽くお茶でも行きましょう」って感じにして、帰ってしまえば、全然問題ないですよ。

普通にボクはそのようにしてます。

▼▼▼