愛人処いやし・三河の店舗情報

店舗名 愛人処いやし・三河
業種 デリヘル
ジャンル 人妻/熟女/素人・未経験
最安値料金 70分 15,000円-
カード 利用不可
住所
アクセス 安城発 岡崎・安城 大府・刈谷 豊田・知立 三河その他 名古屋近郊 半田・知多出張可能
営業時間 8:30-1:00
定休日 日曜日
引用元 https://fuzoku.jp/aijindokoro/

口コミ・評判や本番情報などは爆サイでチェックするのがおすすめ。リアルタイムで生の情報を知ることが出来ます。また店舗予約は風俗じゃぱんのクーポンがおすすめ!

alt=

以下、愛人処いやし・三河さんとは無関係の内容です。また売春や援助交際を勧めるものでもありませんのでご了承ください。

確実に本番(基盤)するための秘策

初めまして、風俗大好き人間「ミノル」と言います。

僕は風俗全般わりと何回も利用させて貰っているわけですが、

不景気のせいか、風俗全般的に、近頃は顧客を獲得するという目的で、本番(基盤)可能な女の子が増えてきているように感じます。

alt=

個人の感覚で言うと、60%くらいの可能性で本番することが可能って感じ。

その上、ゴム蟻以外に、生で挿入可の女の子もかなり増えてきたような気がします。これもデフレのあおりかもしれませんね。。。

生で挿入可の場合は、NN(生中出し)、NS(生外出し)のどちらかですが、さすがにNNは少数派。僕、個人的には、ここ1年くらい、十中八九NSのみ。

かわいい子と安くエッチする為に

風俗はお金もかかるし、基本本番行為はNG。リスクもあるので個人的にはおすすめしませんが、

出来るなら

もっと安く
絶対に本番(基盤)可能な

かわいい子に出会いたいって思いません?

だって、いくらネット上の体験談で「本番することが可能」って噂されている女の子でも、

正直なところ、一回遊んでみないと、本当か嘘かは分かりません。。。

となると、風俗で本番(基盤)OKの女の子を、あれこれ探すよりは、出会い系とかを利用したほうが、「確実&安上がり」って僕は思うようになったのです。

▼▼▼

擦れてない女の子とSEX三昧

僕はワクワクメールを重点的に活用しているんですが、計1〜2万円ぐらいで、町中を歩いている様な「普通の女の子」とSEXできちゃうんです。

この前は可愛い系の家事手伝い(20才)と会ってきたんですが、

軽くカフェでお茶してからホテルに行き「」で朝までSEXさせてくれましたからね。

alt=
alt=
alt=

必要だったお金は食事代・ホテル代・お小遣いで2万円ぐらい。

風俗より良くありません?

仕事として割り切っている嬢よりも、擦れてない女の子とのSEXするほうが間違いなく興奮しますw

▼▼▼

風俗よりは安い

近頃出会い系を使いながら気がつくのは「マジかわいい女の子が増えたなぁ〜」って点。

不景気のせいで、

「風俗はやだけど、お小遣いはほしい」

って18〜23才ぐらいの女の子がむちゃくちゃいるんです。

援交っていうとイメージがよくありませんが、

ごはんおごってからSEXする
SEXして帰るときにタクシー代(=お小遣い)渡す

って彼女にすら似た感じのことするわけで、いたって当たり前の事ですよね。

それにも関わらず、出会い系を活用している人って、タダマンをあてにしてお金をけちる人が多いようですが、

初めて会った時とかはお金をかけたほうがスムーズだと思います。

数回顔を合わして仲良くなってくると、いつの間にか「タダマン→セフレ」に変わっていきますんでご安心を。

alt=

まずは紳士的に

いままで、顔を合わしてきた、女の子に話を聞いてみると、

出会い系に登録している男性って「お金払うから生中で挿れさせろ」みたいに、対面する前のメールなど=交渉から、そのような様子の人が多いみたいです。

というわけで、できるだけ紳士的に振る舞って、女の子を安心させてあげてみることをお薦めします。

このやり方なら信じられないくらい会えるんでw

「出会い系じゃ会えない」ってネット上に書き込みしている人って、最初のコストをけちり過ぎなのに気づいてないですよね。

出費なくSEXできるようになるのは、最初のハードルを超えて、安心感を与えることが出来る男性だけだと思います。

また「写メ送れ」って男性も多いと聞きます。

もちろん送ってくれる女の子だとしたら良いのですが、写メはダメって女の子たくさんいます。

そのような時は、とりあえず1回会ってみるといいですよ。

で、そんなにタイプの女の子じゃない場合は、丁寧にお断りすればいいだけですし、

断りにくいのであれば、ひとまず「軽くお茶でも行きましょう」みたいな感じにして、帰れば、全然大丈夫ですよ。

もちろん僕はその様にしてます。

▼▼▼